2018/01/16

Toyota が Apple CarPlay を採用 と言ってもアメリカの話でまだ先のことですが。

pioneer-sph-da120-appradio-4-smartphone-receiver.jpg

Cult of Mac の記事によると、米国 Toyota が 2019年の Toyota Avalon から CarPlay を採用するとのことです。Avalon とは、日本未発売の米国現地生産モデルです。米国で Toyota ブランドで販売される車種では最上位に位置して、日本のクラウンと比べても同等か大型らしい。日本では 2000年頃まで逆輸入車として販売されていたようですが(トヨタ・プロムナード)、クラウンやマーク II などと競合するため販売終了しました。

Avalon 2019

Toyota Avalon の 2019年モデルから CarPlay を採用し、同年に他の車種にも拡大するようです。Ford, General Motors, BMW, Audi, Mercedes-Benz などは既に採用を決めているので、Toyotaもようやく・・・と言った感じです。CarPlay を採用するにあたり、9-inches の Toyota’s Entune 3.0 or Lexus’ Enform 3.0 multimedia systems が必要なのだそうです。CarPlay の他にも、Qi 準拠ワイヤレス充電機能、Wi-Fiホットスポット、スマートウォッチ連携機能に加えて、 Amazonの「Alexa」の採用も発表されました。

で、CarPlay ってほんとに便利なのか・・・という疑問。現時点で言うならば、日本のカーナビは機能豊富で CarPlay でできることはほとんど出来てしまう。いや、それ以上の機能があります。でも、将来的にはどうでしょう。何となく、ガラケーの歴史を思い出してしまいます。日本のカーナビは独自の進化をたどって超高機能なナビゲーションシステムになっています。一方、海外のカーナビは凄くシンプルなのです。

CarPlay でできることは、
1) Map によるナビゲーション
2) iTunes 音楽再生
3) 電話
4) Siri による音声アシスタント
5) CarPlay 用アプリの実行   など

これ、どれも iPhone 無くして実現しません。ほとんどの機能は iPhone が担当するわけです。別に CarPlay が無くても iPhone さえ持っていれば困らない(笑)

私の L-ブランド車の純正カーナビの場合、地図は頻繁に自動更新して最新に保たれるので、Apple の Mapよりも新しくて正確です。多少、物覚え悪くておバカなところもありますが、音声ナビも親切です。iTunes 音楽再生、電話、Siri アシスタントは Bluetooth 経由で iPhone とカーナビが繋がっているので問題なく使えます。DVD/Blu-Ray Disc の再生もできますしね。CarPlay にするよりも、iPad の置き場所をメーカー純正で作ってくれた方が有り難いかな。(笑)

日本車の場合はハンドルが右側になるので、当然、CarPlay の操作は左手ですることになります。左利きでもない限り、タッチパネルを左手で操作するのは結構大変です。Siri にお願いすることもできそうですが、今のところはまだそこまで賢くありません。L-ブランドのケアプランに入っていれば、スイッチ一つ押せばサポートに繋がってお姉さんが答えてくれます。事故やトラブルが起こった場合には心強い機能なのです。

でもです。ガラケーは便利だったけどスマホに駆逐されてしまいました。同じ事がカーナビの世界でも起きないとは限りません。使う使わないは別として、CarPlay 接続機能は無いよりもあった方が良いのかな。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/14

古い iMac の OS を OS X 10.9 Mavericks にアップデートする

Mac の OS がアップデートすると動かないアプリが出てくることをよく経験しました。最新の macOS High Sierra にしてからも、MS Office や FileMaker Pro 12 などいくつかのアプリが正常に動かなくなり、泣く泣く最新のアプリを購入しました。昔から使っている古い便利なアクセサリー類も動かなくなったものがあります。ということで、うちには古い iMac を一台残しています。OS は OS X 10.8 Mountain Lion です。2011年に購入したときは 10.7 Lion だったので、一回だけアップデートしていました。

1macOS10_85.jpg
古い状態で保っていたかったのですが、OS のアップデートと共に古い OS では動かないアプリも出てきました。App Store で「このアプリは OS 10.XX 以降でしか動作しません」みたいな表示が出てダウンロードさえできません。

ということで、仕方なく OS X 10.10 Yosemite 位までアップデートすることにしました。App Store の普通の画面では Mavericks や Yosemite へのアップデートは出てきません。いきなり High Sierra にアップデートする画面しかありません。さて、どうするか。。。

「購入済み」にはダウンロードしたアプリの履歴が残っているのです。今では販売終了して表示されない Aperture なども履歴に残っているので再度ダウンロードすることができます。同じように OS についてもダウンロード履歴があれば再度インストールすることができるのです。

一気に OS X 10.10 Yosemite までアップデートしようとしましたが、これはダメでした。ダウンロードはできても「ファイルに不具合があって使えない」ようなメッセージがでてきました。気を取り直して OS X 10.9 Mavericks をダウンロードして実行すると、今度は難なくインストールすることができました。

1Mavericks.jpg
インストールには約1時間余り、問題なくアップデート完了です。

1macOS10_95.jpg
この状態からなら、おそらく Yosemite にもアップデートできると思います。

macOS と呼ばれ出したのは OS 10.12 Sierra(2016年)からです。Mavericks は 2013年の OS なのですが、デスクトップの見た目がかなり違いますね。High Sierra に慣れていると、ほんとに古くさく感じます。鮮やかなフォルダーアイコンにも慣れてしまったので、昔のフォルダーは暗い感じがします。

ところで、Mac の OS は 2001年から Mac OS X 10.xx と呼ばれるようになって、それぞれ名前が付いています。バージョン番号で呼ぶ方が直感的なのですけど。ちなみに、 Mac OS X 10.0 は Cheetah(2001年)でした。懐かしいです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/11

Mac のセキュリティとプライバシー って 。。。

macos-sierra-security-and-privacy-FSMdotCOM.png

最近、パソコンのセキュリティに関する話題が多いですね。パスワード無しで root に入れちゃうのは論外として、信頼してた WPA2 の脆弱性もありました。CPU 自体の脆弱性も明らかになって、PCメーカーはその対策に追われています。Mac でも macOS 10.13.2 の追加アップデートあったばかりです。

セキュリティーを強固にしてくれるのは有り難いことではありますが、使う者からするとやっかいです。パスワードを何種類も用意しないといけないし、しかも定期的に変更しないといけない。パスワードの使い回しが良くないことはわかっていても、いくつも覚えるのは大変です。多くはパソコンが覚えてくれていますが、100%完璧とは言えません。二段階認証というのも煩わしいですね。

本題に入る前に、もう一つ余談。インターネットバンキングのセキュリティは嫌になるほど面倒だと感じています。大切なことなので苦情も言えませんが、パスワードの入力を数回間違ってしまうとロックされて使えなくなる・・・という銀行もあります。電話では解除してくれなくて、銀行まで行ったとしてもその場で解除はしてくれませんでした。イニシャル・パスワードは郵送のみなのだとか。

さて、macOS High Sierra にアップデートしてから、たまに使っていたキングジムのテプラが動かなくなりました。メーカーのサポートサイトからドライバーを落として入れ直してもダメ。App Store からアプリを落とし直しても症状は変わりませんでした。おまじないの NVRAM もリセットしてみましたが症状は変わらず、お手上げ状態でした。テプラ本体には問題ないことを確認しています。USB接続すると電源がはいるので、USBが悪いわけでもなさそうでした。

サポートに電話してみようかとおもいましたが、ふと思いついたことが。セキュリティで通信がブロックされているのではないか、ということ。認証されてないアプリケーションは普通にクリックしても開けません。これは既によく知られた「機能」なのですが、ドライバはアプリケーションでは無いので盲点でした。

セキュリティとプライバシー 
システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」を開いてみると、上図の赤枠の中にブロック項目が表示されて、ここで認証すると、テプラが使えるようになりました。わかってしまえば当然のことなのですが。。。。解決までに随分と時間がかかってしまいました。

「セキュリティとプライバシー」の項目は OS のバージョンによって少し違ってますね。
「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」というのは新しい項目です。対応してない機種の場合は表示されません。

アプリケーションの実行については、以前は「すべてのアプリケーションを許可」という項目もあったはずですが、最新OSでは無くなっています。(気にしてなかったので、いつから無くなったのかわかりません)

「セキュリティとプライバシー」は、普通はあまり触ることの無いシステム環境設定です。変に触ると問題が起こる場合もあるので要注意です。ファイアウォールが ON になっていることだけ確認すれば良いですね。

img-sr3700p-01.jpg

私が使っているのはこの機種。既に製造中止になっていますが、問題なく動くので重宝しています。印刷解像度は 270dpi なので、同価格帯の現機種(180dpi)より綺麗に印刷できます。上位機種は 360dpi だけどデカくてデスクスペースを取りすぎです。我が家では iMac とラックとの間、6cm くらいの隙間に置いているので邪魔になりません。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/09

macOS 10.13.2 追加アップデート 再びアップデートの失敗

mac-sierra-homescreen-1.jpg

macOS 10.13.2 のアップデートの際にも失敗しました。バージョンが変わらない追加アップデートって何?って感じですが、軽い気持ちでクリックしたら、またアップデートに失敗しました。症状は前回と同様です。アップデートファイルのダウンロードがうまく行かずに壊れているっぽい。


仕方ないので、また macOS のインストールからやり直しました。所要時間約1時間くらいです。毎回、同じ症状が出るなんて、やっぱり何かおかしいと思うわけです。。。サブ機の MacBook Pro では前回のアップデートで問題はありませんでした。今回も、とりあえず、母艦の更新が終わるまで MacBook Pro のアップデートは止めています。

現在使用中の iMac は2014年製ですから、そろそろ買い換えろと催促されているのかもしれませんね。思い返せば、これまで何度も “Macのおねだり” を経験しています。新機種が出ると何故だか使用中の Mac の調子がおかしくなる。OS が変わるので、不具合発生はその為だろうとは思いますが、なんとも腹立たしい。(笑)

iMac Pro も発売されましたしね、そろそろ買い換えてもいい時期ではあるけど、現状の iMac でも特に大きな不満もなくちゃんと動いてくれてますから。たしかに、Photoshop や Aurora などの重量級アプリは動きが重いですが、慣れてしまえば不都合を感じていません。

もう一つ最近気になっているのはモニターの焼き付きです。IPSパネルの焼き付きは宿命みたいなもので、Apple のサポートにも焼き付き防止対策が書かれています。ですが、最近、その焼き付きが半端ないように感じています。スクリーンセーバーを使っていても簡単に焼き付いてしまいます。


購入当初は気にならなかったので、劣化したのは間違いなさそうです。まぁ焼き付いても作業上は大きな影響ありませんけどね。

インストール完了まであと13分。まだまだ時間かかります。次回の更新はパスするかな。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/05

Mac QuickTime で HD動画 m2ts ファイルを直接編集する

QuickTime.png

QuickTime で m2ts ファイルを再生できることを書きましたが、ファイルが開けるなら、QuickTimeのトリム機能で編集もできるのでは・・・と試してみました。

久しぶりに動画を扱う - いつのまにか QuickTime で m2ts ファイルが再生できるようになっていた

結果から言うと、「できました!」

m2ts ファイルを QuickTime で開いて、「編集」から「トリム」を選択します。そして、切り取りたい部分を黄色のバーを動かして決めます。ここで選択したのは 5分41秒の動画です。

QT01.jpg QT02.jpg

あとは書き出すだけです。3種類の方法がありますが、TV動画の場合は「保存」の一択です。ファイルメニューから「書き出し」を選ぶと、TV動画は元々横方向に引き延ばされているので、圧縮されてしまうからです。「保存」を選択すると、TVで移したときと同じ縦横比で出力されます。

QT03.jpg QT04.jpg

「書き出し」を選択すると、HEVCで保存することも出来ます。ですが、圧縮し直すので滅茶苦茶時間がかかります。

5分41秒のファイルの保存時間とファイルサイズは次の通り
【保存】   33秒、591 MB
【書き出し】 49秒、457 MB
【書き出し (HEVC)】 58分、333MB
iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014), 4 GHz Intel Core i7 の非力な Mac でこの時間です。iMac Pro なら、あっという間に保存できてしまいますね。

いずれも .mov ファイルとして保存されます。
【保存】と【書き出し】は短時間で保存されることから無劣化だと思われます。

今回のテストに使ったファイルは、NHKさんの某歌番組です。同じ m2ts ファイルを HandBrakeで mp4 に変換すると不具合が起きていました。どう設定をいじっても、何故だか音声がモノラルになっていたのです。ですが、QuickTime で作った .mov ファイルはちゃんとステレオ音声で保存できました。

m2tsファイルを直接操作できるなんて、QuickTime はやっぱり最高です。iPhone や Apple TV の画面も動画キャプチャできるし、Apple 純正で無料アプリなので有り難いです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。