2014/11/15

Yosemite用 オリジナル フォルダー アイコンを作る(1)

Mac OSX Yosemiteでは鮮やかなフォルダーアイコンに変更されました。
好みにもよりますが、慣れればMavericksよりも綺麗でいいかな・・・と。
フォルダーのアイコンを変更する方法は前バージョンまでと変わりません。

こんなフォルダーアイコンを作ってみました。
141114_Folder_Sample.png

用意するものは、Mac標準のPreviewアプリとフォルダー作成アプリ。
簡単に使えて便利なので、Folders Facotryアプリを使っています。
141114_Folders_Factory.png

アプリからpng透過画像を抽出してFolders Factoryの画面に重ねるだけで、上記のようなフォルダーができあがります。もちろん、アプリだけでなくpngファイルさえあれば、どんなアイコンも作れますが。

ということで、まず Folders Factory の使い方から。
アプリを立ち上げるとフォルダー画面とInspectorが表示されます。
左上のボタンで『Image』を選択して、フォルダー部分にpngファイルをドラッグして重ねるだけでフォルダーアイコンが出来上がります。どのような画像からでもフォルダーアイコンはできますが、大きな画像だとScaleタブで調整しても収まりきれないので、1,024 x 1,024位が限界かな。

141114_Folder_Factory_画面 141114_png取込

141114_JPG取込

141114_Stamp.png

141114_Texture.png

そして、Textだとこんな感じで文字入りのオリジナルフォルダーを作ることができます。
もちろん、どのフォルダーも下地の色の変更も可能です。

141114_Text.png

最後の仕上げは、Folders Factoryで作ったアイコンをフォルダーに貼り付ける作業ですが、これも至って簡単で、アイコンを変更したいフォルダーをドラッグして Folder Factory の上に重ねるだけです。

フォルダーアイコンがうまく置き換わらないときは、『情報を見る』から左上の小さなアイコンをクリックして選択し、deleteキーを押して一度初期状態に戻してから再挑戦してみてください。

LiteIconというアプリを使うと、デフォルトのアイコンセットを一括変換することもできます。
ネット上には色々なアイコンセットがアップロードされています。.icnsファイルとして入手できますが、使い方は簡単で、変更したいフォルダーの情報を表示して、左上の小さなアイコンの上にドラッグするだけ。Folders Factoryから.icnsファイルとして書き出しておけば、情報を表示してドラッグするだけで簡単にフォルダーを変更できます。

次回は、Previewアプリを使って、jpgファイルをpngに変更する方法を紹介します。
また、Previewを使ってアプリのアイコンを簡単に抽出し、pngファイルにする方法もあわせて紹介する予定です。


2014/11/10

iMac Retina

長らく冬眠していましたが復活です。

iMac Retina 5Kにしてから約2週間。
慣れてしまえば、以前のiMacと何も変わりません。
デスクの上に2台並べて、真正面から見ると何一つ変わらない。
強いて言うなら、同じ光沢ディスプレイでも新iMacの方が映り込みが目立たないかな。

もともとMacの画面はWindowsなどに比べると文字の美しさは比べものにならなかったわけですが、iMac Retina 5Kでは、美しさに更に磨きがかかって、まるで印刷物を見ているようにシャギーが全く目立ちません。

旧iMacの画面とiMac Retina 5Kの画面を比べてみると・・・

旧iMac画面を2倍に拡大
iMac Standard

iMac Retina 5K画面を2倍に拡大
iMac Retina

Desk Top画像だとこんな感じ

iMac
iMac Desktop

iMac Retina 5K
iMac Retina Desktop

画像だと違いがいまいち良くわかりませんが、シャギーが無く明らかに高解像であることがわかります。特に文字の美しさは、初めて立ち上げたときに感動しました。

でも、まぁ、最初にも書きましたが、慣れてしまえば普通に思えてしまうかな。
2012/07/27

OS X Mountain Lion にアップグレード

120727 Mountain Lione

OS X Mountain Lion、早速インストールしてみました。
Lionにアップグレードしたときよりも簡単に、問題なくインストール完了。
見た目の大きな変化は無くて、いろいろなレビューにもあるように、内面は相当変わってる・・のでしょう。

デスクトップをぱっと見て異なる点は、
1. Top画面が変わった
2. メニューバー右端に、こっそりと『通知センター』Iconが表示された
3. メニューバーに AirPlay Iconが表示された

Safari V6 はというと、iCloud と 共有の Icon が加わったけど、いまいち便利さが良くわからない。
Lionアップグレードの時は、文字入力に不具合があったけど、今回は特に大きな問題も無し。
ただ、困ったことがひとつ。

デフォルトのフォントとサイズが指定できなくなっている。
これは、US Apple Support Community でも話題になってますが、変更は不可のようです。
デフォルトでは、V5までに比べてフォントサイズが小さくなって見づらい。
おそらく、Retina Display ならば綺麗に表示されるのだろうけど、
iMac の画面では、はっきり言って、かすれたような感じで年寄りには不親切です。
今後発売される iMac も、きっと Retina Display になるんだろうなと予感させられます。
ま、現状では、フォントサイズを一段階拡大して、ちょっと間抜けな感じで見るしかなさそうです。
それでも、Windows と比べると格段に美しいですが。

iPad (3rd) の Safari で見ると、どのサイトも凄く美しいです。
きっと、それと同じようにデスクトップでも見ることができるようになるのだと思います。
とは言え、デフォルトフォントの小ささは何とかしてもらいたいです。

Mail は、iPhone, iPad と同じ表示形式に変更されています。

アプリの互換性に関しては、いまのところよく使う全てのアプリは正常に動作していると思えます。
細かいことまでは試してないけれど、特に不具合は感じていません。

テキストエディットや Keynote は iCloud 対応になっているので、保存先に iCloud が選択できます。
iPad, iPhone との連携を考えると、これは便利だと思います。
2012/03/08

やっと来た! 日本語 Siri

日本時間の今日早朝、Appleが new iPad などを発表しました。
同時に、iOS は 5.1 になり iTunes も 10.6 にアップデートされました。

iOS 5.1 で注目はなんと言っても、日本語対応 Siri でしょう。
Siri の設定で言語をクリックすると、ちゃんと『日本語』が表示されています。

さっそく使ってみましたが、

う〜〜ん、微妙。

しっかり正確な日本語で話しかけると “それなり” にわかってくれます。
でも、実用レベルかというか、まだまだ・・・・かなぁ。
みんなが使っていくと、データが蓄積されて賢くなってくることを期待しましょう。

120308 Siri 01

120308 Siri 02

気になるのは、Siri の音声。
女性の合成音なのですが、風邪を引いているような感じで、ちょっと病弱?(笑)

今後ボキャブラリも増やしていってもらって、是非、ワクワクする声に成長してもらいたいものです。
Siri さん、ちょっとなまってます。どこのイントネーションをベースにしてるのかな。(笑)

2011/10/08

 Steve逝く

いまだに信じられません。

先週まで、iPhone4後継機種の予想と期待、KDDIからiPhone発売の噂で世の中もちきりでした。
そして、ついに10月4日にiPhone4Sの発表。KDDIからの販売も現実となりました。

物語はまだ終わっていませんでした。
翌日、10月5日にSteveの訃報という衝撃が全世界を駆け巡った。

あまりにも劇的で、最後まで格好良すぎます。

信念を貫き通して、瀕死のAppleを時価総額世界一の企業にまで成長させた凄さ。
そして、その達成を自ら確認した直後に逝く。

もう何も言葉がありません。

ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。
Appleユーザーで良かった。そして、多分、これからも。

ご冥福をお祈りします。

iPhone for Steve [iPhone 4S]

111008 steve jobs - Google 検索