2011/09/25

 やっぱり凄い、VLCメディアプレイヤー  - DVDFab Passkyによるリッピングから再生まで。

Blu-RayもDVDもMacのHDDに保存して、いつでもMacから操作して見たい。いちいちDiscを探して、DVD playerやPS3に入れて再生するのは面倒だし、レンタルしたDVDやBlu-Rayをまた見たいときに再度借りるのは面倒な上にバカらしい。もう一つの課題は、そうして録りためた動画をMacの画面では無くテレビで視聴したいということ。

試行錯誤の上、たどり着いたのが現在の環境です。(かなりの無駄な出費もしてしまいましたが)

1. Blu-Rayドライブ : I-O DATA 製 DTCP-IPネットワークダビングに対応した外付けBlu-Rayドライブ BRD-U8DM(Windows PCで動作) [REGZAでHD録画した番組をBlu-Ray Discに焼く]

2. Blu-Ray, DVDリッピングアプリ : DVDFab Passkey (Windows7 / VMware Fusion 3で動作) [DVDFab Passkeyによるリッピング]

DVDはARccOSプロテクトを含めリッピングできなかったことはありません。Blu-Rayもこれまで失敗したことはありません。地デジをDTCP-IPコピーしたBlu-Rayからもリッピングできます。

こうして出来上がるファイル形式は、DVDは.VOB, Blu-Rayは.m2tsなので、iTuneやAppleTVで再生することはできません。iTuneで動画管理してAppleTVで再生するなら、動画を.m4vや.mov, .mp4に変換しないといけません。

3. 動画変換アプリ : Xilisoft Video Converter Ultimate for Mac(究極動画変換 for Macエディション)[Xilisoft HD Video Converter 6 による動画変換] 、 [m2tsファイルをApple TVで再生可能なファイルに変換]

VLCプレイヤーで視聴したり、PlayStation3 (PS3) から視聴するなら.m2tsファイルを変換する必要はありません。

4. DVD, Blu-Ray (.m2ts) 動画再生 : VLCメディアプレイヤーが最強だと思います。DVDはTSフォルダごと読み込むとDVDプレイヤーと同じように再生できるし、Blu-Rayからリッピングしたm2tsファイルも、プレイリストに登録すれば連続して再生することもできます。

110924 VLCメディアプレイヤー-1
赤丸部分をクリックしてプレイリストを開くと
110924 VLCプレイリスト

Blu-Ray Discの再生は、MacでもBlu-Ray Playerを使えば可能です。動作安定性はVLCプレイヤーより優れていますが、設定項目はVLCに比べて圧倒的に少ないし、BDMV/STREAMフォルダを読み込むことができるのに、何故か連続再生ができませんでした。プレイリストやライブラリ機能もありません。Blu-Ray Discからの再生に機能を絞っているように思えます。DVDFab Passkeyでリッピングしたファイルの場合は、VLCプレイヤーの方が全然優れています。

最後に、VLCプレイヤーからの映像をテレビ画面に表示させることですが、Moshi Mini Display Port to HDMI Adapterが使えます。

iMacをREGZAに繋ぐ - Mini Display Port to HDMI Adapter -
iMacをREGZAに繋ぐ(2) - Mini Display Port to HDMI Adapter -

システム環境設定の「サウンド」でHDMI出力を選択するのですが、VLCプレイヤーの場合はメニューの「オーディオ」から出力先を設定することができます。

110924 VLCスクリーンショット

更に、画像についてもメニューの「ビデオ」で出力先を設定できます。(全画面表示の場合)

110924 スクリーンショット

全画面表示するとMac側のディスプレイは真っ暗になり簡易コントローラのみが表示されます。メニューバーはマウスカーソルをディスプレイの上にあてると表示されるので、操作に困ることはありません。

DVDFab Passkey, VLCプレイヤーはすばらしいです。
関連記事

コメント

非公開コメント