FC2ブログ
2020/05/18

大量の動画の管理は Video Hub App で決まり - 動画ランチャーとして秀逸です

動画を画像と同様に管理できるアプリは Mac 写真アプリをはじめとして沢山ありますが、どれも一長一短でなかなか満足いきません。動画の数が少ない場合は写真アプリで管理するのも悪くはありませんが、YouTubes などで落とした大量の動画を管理するとなると力不足です。

Mac が 64bit に完全移行する前までは MacTubes という優れもののアプリがあり重宝してたのですが、それに代わる使い勝手の良いアプリは見つけられずにいました。

今回、偶然に良さそうなアプリを見つけたので紹介します。Video Hub App と言うもので、デモ版もあるのでダウンロードして試してみる事ができます。私はデモ版で使い勝手を確認したのちに正式版を購入しました。購入と言っても寄付みたいなもので、最低金額はわずか $3.5 (400円弱)です。ちなみに、日本語化もされています。

Video Hub App では、フォルダーごと動画ファイルを登録すると、そのフォルダーが一つの Hub になります。いくつものフォルダーを別々の Hub として作成するのも良いですが、それぞれの Hub は独立しているので串刺し検索などはできません。親フォルダーの中のサブフォルダーは Hub 内でもフォルダーとして登録されるので、関連した動画は一つの親フォルダーにまとめて1つの Hub として登録する方がなにかにつけて便利だと思います。

Video Hub App を正式サイト(https://videohubapp.com/)からダウンロードしてインストールします。デモ版は50個までの動画が登録できるので試用可能です。購入すれば正式版のリンクがメールで送付されてきます。

動画の登録は至って簡単。これは設定で日本語化したあとのスクリーンショットです。おかしな日本語はご愛敬・・という事で。

Video Hub 01

【ビデオハブを作成する】をクリックすると取り込みが始まります。すぐにサブフォルダーおよび動画情報が次のように表示されます。各サブフォルダーに含まれる動画の数と再生時間が表示され、右上には動画ショットを取り終わるまでの時間が表示されます。左下には動画解像度などの分布情報が示されるので大変便利です。

※ 右上で「やめる」をクリックしても動画ショットは設定メニューで再開できます。

Video Hub 02

30分ほどで361個の動画の取り込みが終わりました。各フォルダーに4分割のサムネイルが表示されます。

Video Hub 04

フォルダーを開いて個々の動画を表示した画面がこちら。各動画には解像度と再生時間が表示されるので大変便利です。このサムネイルをクリックすると QuickTime など指定した動画再生アプリで再生が始まります。動画ランチャーとして十分すぎる機能を持っています。

Video Hub 03

各動画サムネイルの右上にマウスを持っていくと小さなアイコンが表示されます。それをクリックすると詳細画面を開くことができます(Command + クリックで開くこともできます)

Video Hub 05

ハブを作成するときに取り込んだ動画ショットが全部表示され、デフォルト画像を指定することもできます。また、動画を5段階でレーティングすることもできます。

右上の小さな歯車アイコンをクリックすると設定画面が表示されます。「主な設定」タブでは、新規にハブを作成したり、既存のハブの内容を更新することができます。右クリックで Delete 項目を表示するかどうか設定できるので、誤って動画を削除してしまうこともありません。
※ 右クリックで動画を削除すると、元画像ファイルも削除(ゴミ箱行き)されます。

Video Hub 06

設定メニューはいくつかあるので、その中で画面をダークモードにすることもできます(メニューバー のアイコンでも変更可能)。好みによりますが、ダークモードの方が視覚的に美しく見やすいと思います。

Video Hub 07

設定メニューの「検索」タブでは、動画の並べ替え方法などが設定できます。この中で、同一ファイルを見つけてくれる機能はありがたい。動画情報(解像度、再生時間、サムネイル)を比較しているので、ファイル名が異なっていても検索されます。右クリックで Delete するとリアルタイムで画面から消えます。

Video Hub 11Video Hub 13

メニューは限られていますが、キーボードショートカットも使えます。

Video Hub 14

さて、メニューバー には小さなアイコンがいくつも並んでいます。それぞれの動作はクリックしてみた確かめるのが一番ですが、動画の表示方法を変更してみたのが次の画像です。動画ショット一覧を見たり、連続してレーティングやタグ付けするときには重宝します。

Video Hub 09Video Hub 10

これらの表示には注意が必要です。フォルダーを開いて表示させてもハブ全体の動画が表示されてしまいます。上画像のように、特定フォルダーに含まれる動画のみを表示したい場合は、フォルダー名で検索することで、そのフォルダーにある動画だけを表示できるようになります。

動作はサクサク、そして比較的安定しています。動画の絞り込みをテキスト検索だけでなく再生時間や動画解像度、レーティングでできるのも大変使いやすいです。ですが、時々、あれっと思う動きもします。使って慣れるしかないですが、特に困ったのは、メニューバー やサイド情報蘭、ファイル名などが突然表示されなくなることです。その場合の解消法は、
  1. 動画ファイルのを右クリックして「フォルダー表示」を選択
  2. 上の小さな「^」をクリックしてメニューバー を表示
  3. メニューバー からファイル名と動画情報を表示

Video Hub 15
これで元に戻ります。

設定の「統計」タブを開くと、ハブに登録されている動画全体の情報が表示されます。ここにも笑わせてくれる日本語が表示されています。

Video Hub 08

今後のバージョンアップで期待したいのは、
a. 各動画にコメントを入力できるようにする
b. ファイル名の他に別名を付けられるようにする
c. 右クリックで、動画の場所を移動できるようにする
d. 動画のレーティングをショートカットでできるようにする
e. 動画のスクリーンショットに独自の場面を追加できるようにする  などなど

これらができるようになれば、動画管理・ランチャーアプリとしては完璧 😊

※ e. については、好みの画像を動画に貼り付ける裏技があります。あらかじめ画像ファイルを用意して、それを Drug & Drop で動画サムネイルの上に重ねれば、デフォルトのサムネイルが上書きされるようです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント