fc2ブログ
2020/01/16

ワット・プラシーラッタナーマハータート(2) Wat Phra Sri Rattana Mahathat, Phitsanulok 本堂とプラアッタロット

TMH_SNA07824R.jpg

タイの寺院では庶民に御利益のある仏像は礼拝堂 Viharn に祀られていることが多く、この寺院もチンナラート仏は中央の礼拝堂に安置されています。本堂には寺院のご本尊様が祀られていて、神聖な仏事の時に使われます。そのため、参拝や観光客に開放していない寺院も多くあります。ワット・プラシーラッタナーマハータートの本堂は礼拝堂の南東側にあります。プラアッタロット仏立像が祀られている遺跡エリアは元々の礼拝堂だったので、本堂は東向きに並んで建っていたことになります。

TMH_SNA07794R.jpg

チンナラート仏だけを見て帰るのは勿体ない。この寺院には沢山の仏像が並べられた回廊、クメール様式の塔堂、昔の礼拝堂跡(遺跡)、そして立派な本堂もあります。冒頭の写真は本堂を東側から写した物です。結界石 Sema があるので本堂であることがわかります。現在、寺院の正面はチンナラート仏を祀る礼拝堂があるナーン川側なのですが、本来の寺院正面は東側なのです。本堂と並んで大きな礼拝堂が建っていた光景を思い浮かべるだけで荘厳な感じがします。

正面入口には立派な結界石が置かれています。入口や屋根の装飾も美しいです。

TMH_SNA07809R2.jpg

本堂内部はご本尊様だけでなく壁や天井も美しく装飾されています。僧侶はご本尊様手前の台座の上に座るのでしょう。そこには一般人は登ることができません。

TMH_SNA07803R.jpg

仏像も大変大きくて立派です。少し唇が厚く、顎が短い感じですが何となく威厳があるように思えました。仏像の表情を見るのもなかなか楽しい。😊

TMH_SNA07800R.jpg

壁面にはナレースアン大王がこの地を平定する様子や寺院を再興する様子を描いた絵画が飾られています。

TMH_SNA07797R2.jpgTMH_SNA07798R2.jpgTMH_SNA07799R2.jpg

本堂横には元の礼拝堂(遺跡)Vihara Phra Attharot あるいは Phra Vihara Kao Hong があり、高さ9m のプラアッタロットが祀られています。元々はスコータイ王朝時代に建てられたと言われています。この立像が置かれていた礼拝堂なので、かなりの大きさだったと思われます。

TMH_SNA07815R.jpg

立像の裏側はこんな感じ。衝立の間にも小さな仏像が祀られていました。この建て方はスコータイ遺跡のワット・サパーンヒンと同じです。

TMH_SNA07820R.jpg

そして、回廊の中には高さ36mのトウモロコシ型をしたクメール調の塔堂 Prang があり、登ることができます。かなり急勾配な階段なので私は登りませんでしたが、中には仏舎利が納められていると言われています。

TMH_SNA07822R.jpg

私は寺院内に1時間くらいは居ましたが、それでもまだ全部を見て回れたとは思いません。回廊に置かれた仏像や遺跡エリアなど、そして、寺院内にあるプッタチンナラート国立博物館(礼拝堂の北側)も時間に余裕があれば見学したいものです。次回の訪問が楽しみです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント