fc2ブログ
2020/01/02

ピッサヌローク Phitsanulok 1日観光(2)



次は、初めての町に行くと必ず行きたくなる場所、SRTタイ国鉄のピッサヌローク駅。運行されてる列車の本数は少ないのですが、タイの鉄道駅は活気があって良いです。だいたい、乗る列車の1時間以上も前から待ってる人も多くて主要駅はいつも賑わっています。また、この駅もしかり、駅前には綺麗に整備された蒸気機関車が展示されていました。

TMH_SNA07940R.jpg

次の目的地は薄緑色の塔堂 Phrang が美しいワット・ターマプラン Wat Tha Maprang です。同じような塔堂はバンコクのワット・ラーチャブラナ(ワット・リヤップ)でも見たことがあります。

TMH_SNA07944R.jpg
本堂の装飾も現代的で美しい

次はナン川西側にあるワット・チャンタワントック Wat Tawan Tok です。数年前の写真では建設中でしたが、現在もまだ完成していません。特徴は何と言っても寺院の壁から礼拝堂・塔堂など、少し離れた本堂以外は全て金色です。バンコクのローハプラサート Loha Prasat を彷彿とさせるような尖塔と重なり合った屋根は豪華で美しいです。タイには黄金の寺院はいくつかありますが、完成したらこの寺院もピッサヌロークの観光名所の一つになるのでは無いでしょうか。

TMH_SNA07963R.jpg

そして最後は市街地からは約7km離れたワット・チュラーマニー Wat Chula Manee です。この寺院にも遺跡があって古い寺院なのですが、興味深いのは遺跡の上に新しく寺院建造物が作られており、古い壁(遺跡)の中に立てられた礼拝堂は不思議な感じがします。昔の本堂も残っていて仏像が祀られています。そして道沿いにある現在の本堂にももちろん仏像が祀られています。

TMH_SNA08009R.jpg

朝8時にスコータイ旧市街を出て、帰り着いたのは5時半頃でした。ピッサヌロークは大きな町では無いので主要観光地を回るだけなら8時間もあれば十分だと思います。ただし、車で回れば・・ですが。

ナン川沿いにはナイトマーケットも開かれるらしいです。次回来ることがあれば今度はピッサヌロークで宿泊して街中や川沿いを散策してみるのも良いかもしれません。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント