FC2ブログ
2019/10/29

【門司港散策】清滝の路地を歩く(2)

TMH_SNA06964R.jpg

門司港は坂の町です。子供の頃は気にもしなかったのに、この年になって町を散策してみると、こんなにも坂道が多かったのかと驚かされます。😅 門司港が繁栄していた大正から昭和にかけて、花街の中心だったのが清滝界隈です。多くの料亭があったそうで、その代表格が三宜楼です。三宜楼は栄町銀天街の桟橋通側から少し坂を登ったところにあります。

清滝には古い路地がまだ残っています。車や重機も通れない狭い路地の先に民家があり、昔の人はどうやって家を建てたのだろうかと不思議に思えるほどです。その狭い路地と坂のおかげで再開発を免れ今なお昔のままの姿を残しているのでしょう。

清滝の路地は何度も散策しています(清滝の路地を歩く)。清年神社に行くのも路地散策になるのですが、今回は坂の一番上にある “とある方” のお宅外観を見たくて登ることにしました。清滝の路地の先にある少し変わった建物ということで、ネットでも何度か見かけたことがあります。私も何度か探したのですが雑草と蜘蛛の巣に阻まれて行き着くことが出来ませんでした。グリシェンカフェの方に聞くと、場所的には間違いないとのこと。きっと、あの蜘蛛の巣の先にお宅はあるのだろう・・

TMH_清滝の路地01

出発地点は「むつみ関門荘」前の路地。路地まで正確に記載されてる Yahoo地図にコースを記します。むつみ関門荘の坂を登って左折、そして直ぐに右折して坂道が始まります。直ぐに見えてくるのは赤煉瓦の塀で囲まれた民家。その前にも家があったのでしょうが、更地にされ草が生えた広場になっています。この写真の真ん中の家が「路地裏ギャラリー(週末のみオープン)」になっています。

TMH_SNA06966R.jpg

先を更に真っ直ぐ進むと、イイ感じの坂道の路地が続きます。

TMH_SNA06486R.jpgTMH_SNA06487R.jpg

その先で道は二股に分かれます。この辺りに家を建てるためには石垣は欠かせません。まるで城の城壁をのような立派な石垣は見逃せません。

TMH_SNA06491R.jpg

この角を道なりに真っ直ぐ進むと一番奥には民家があって行き止まりです。既に取り壊されて整地された民家跡もいくつかありました。

TMH_SNA06490R.jpg

かなり登ってきた感覚で、この辺りで下を見下ろすと関門橋と門司港レトロの町並みを見ることができます。車も通れない坂上に家があると上り下りは大変ですが、こういった景色を毎日みられるなんて、ちょっと贅沢な感じもしました。

TMH_SNA06492R.jpg

お目当てのお宅は先ほどの二股を右に曲がって清年神社に抜ける道にあります。道を曲がったところまでは何度か来たことありますが、その先に入るのは今回が初めてでした。

TMH_SNA06494R.jpg

道が先に続いているのはわかっても、目的無くしてなかなか先に入ってみようとは思えない雰囲気。この角のお宅も既に空き家になってる感じでした。蜘蛛の巣を払いながら少し先に進んでみると・・・

臆病者な私は、猪とか小動物、蛇などが出てくるのではないかと恐る恐る先に進んだわけですが、この道の先にお目当てのお宅を発見、無事に外観を拝見することが出来ました。多分、季節によっては木々や草が生い茂ってなく散策路として安全な場所だと思います。

TMH_SNA06983R.jpg

グリシェンカフェのママは「タイルの家」と呼んでるそうで、明らかに普通の民家ではありません。タイルと言えば昔のカフェ(喫茶店では無い)を思い浮かべますが、カフェの典型的な構造とは異なります。2階の丸い窓や、窓越しに見える内部のふすまの装飾などからすると、元々は料亭だったのでは・・・と想像しています。建物の周りは枯れ葉などが散財して荒れ果ててるようにもみえましたが、入口の明かりは付いていたので、まだ使われてる家なのだとわかります。

もう少し路地を進んで上から見てみると、枯れ葉が積もって人通りが無いのがわかる小路の先に見える「タイルの家」もなかなか趣があって良い。

TMH_SNA06987R.jpg

更に上の方はこんな感じで、登って行くには少々勇気がいりました。蜘蛛の巣が張りめぐらされてて、ここで断念。この先、20~30m進むと清年神社に出ることが出来ます。

TMH_SNA06982R.jpg

TMH_SNA06992R.jpg

お宅の前には朽ち果てそうな門構えだけが残っています。1970年のゼンリン住宅地図を見てみると、ここには北辰という会社の寮があったようです。現在、門の内側には何も建物は残って無く草木が生い茂っていました。数十年間も放置されたままだと草木が生え放題で森に戻る・・・まさにそんな感じだと思いました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
ランキングから来ました。
いい雰囲気です。
カフェもいい感じですね。