FC2ブログ
2019/07/30

オリンピックの聖火リレー 2020 TOKYO ではリレーであってリレーで無い!

2020 Tokyo Olympic まで1年を切りました。聖火リレーのコースも決まって、全国各地で聖火リレーが行われるようです。全国各地で・・と書いたのは、聖火リレーのコースは必ずしも連続してないからです。1964年に行われた前回のオリンピックでは、聖火リレーは一筆書きのように全国をリレーで繋いで東京に集められたと記憶しています。当時はまだ米国の占領下でしたが、ギリシャから聖火の種が届いたのは沖縄。そこから聖火は鹿児島まで空輸されて一部は空路北海道千歳へ、そして一部は宮崎に運ばれて、これら3地点を起点にした4ルート(鹿児島ルート、宮崎ルート、千歳ルート東西)で聖火は東京に集められました。

1964 聖火リレー

東京2020オリンピックの公式WEBによると、「東京2020大会に向けた機運を日本全国で高めるために、47都道府県の様々な場所で聖火リレーを実施します。」とある。どこにもリレーで聖火を灯し受けついで東京に集めるとは書いてない。😅 「聖火リレー」というイベントを全国で行うと言うことらしいですね。

聖火はリレーで走って受け継いでいくものとばかり思っていたので、地元福岡のルートを見て驚きました。それがこちら。どう考えても一筆書きではリレーできないし、空白の市町村はどうなるんだって。

聖火リレー福岡2
数字は「聖火リレー」を行う順番です。明らかに飛び飛びになっていて、途中は車で運ぶのだそうです。ちなみに、前日は佐賀市でセレモニーが行われるので、そこから大牟田市までは車移動です。

「聖火リレー」2日目の終点は北九州市門司区の関門海峡ミュージアム イベント広場です。翌日、山口県の「聖火リレー」のスタートは直線距離で約120kmも離れた岩国市からだそうです。聖火をタスキのように繋いでいく・・・というのは勝手な思い込みだったようです。

1964年の前回東京オリンピックでは、私も沿道に出て日の丸の国旗を振った記憶があります。当時、西鉄電車が走っていた電車通りにずら〜っと人が並んでいました。私はまだ子供だったので大人達に視界を遮られてモクモクと上がる煙だけを見てたような・・・少しだけ隙間からランナーも見えた気がしますが、聖火を持っていた人なのか伴走の人達だったのかは定かではありません。

当時の北九州市制だよりの記事がありました。

1964 聖火リレー記事

小倉方面から手向山のトンネルを抜けて聖火ランナーが入ってきて、電車通りをずっと進んで電車の終点を越え、和布刈公園に設置された聖火台まで走り抜けたようです。そこで聖火は一晩置かれ、記事には「聖火のつどい」が催されたとあります。翌朝、聖火は上ってきた道を降りて聖火台広場から門司港の桟橋へ、そして船で下関側に運ばれました。つまり、門司港では聖火が2回走ったことになります。

聖火台広場(元・和布刈公園第三展望台)は現在もあります。源平合戦のタイル画がある第二展望台から少し登った場所です。

TMH_1208 Moji_382

この写真は2012年に撮ったものです。階段を上ったところに少し広い平坦な場所がありますが、たしか聖火台らしきものは何も残っていませんでした。当時でも草が生え放題で整備はほとんどされてないようでした。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント