FC2ブログ
2019/05/31

【門司港散策】旧門司税関 1912年に建設されたネオルネサンス調の優雅な建物

TMH_SNA05876R.jpg

ネオルネサンス調のデザインを取り入れ、赤煉瓦が美しい旧門司税関は1912年(明治45年)に2代目の庁舎として建設されました。1代目の庁舎は1909年7月に建てられたものの、12月に火災をおこして消失しました。そのため、同じ場所にレンガ造りの新税関庁舎が建設され、現在の庁舎(門司港湾合同庁舎、4代目税関庁舎)に移るまでの約15年間、門司税関として使われていました。

※ 門司税関は1909年(明治42年)に長崎税関から独立して国内で7番目の税関として発足しました。戦後は九州全域と山口県を管轄することになりましたが、1953年(昭和28年)に長崎税関を分離して、現在は福岡、大分、宮崎、山口と佐賀(唐津、伊万里)・長崎(壱岐対馬)を管轄しています。

※ 門司で最初の税関官署は1885年(明治18年)に設置された「門司長崎税関出張所」です。門司港が特別輸出港に指定されたのが1889年なので、それよりも前です。1884年には旧門司に海軍石炭貯蔵所が設置されたようなので、石炭輸出のために必要だったと思われます。

※ 自社炭鉱の石炭輸出のため、遠い長崎ではなく筑豊からより近い門司に税関置くべく申請に奔放したのがNHK朝ドラ「あさが来た」のモデル広岡浅子です。そして門司港で初めて石炭輸出の許可を受けました(申請者は吉田千足で、広岡浅子が「広炭商店」を共同で設立した相手)。当時の出張所は日本郵船ビルの一室を間借りしていたそうです。これが門司で最初の官署になりましたが、1887年(明治20年)に廃止されました。

2代目門司税関ができた1912年当時、門司港の入出港隻数は長崎港の2倍以上に達し、全国でも神戸港に次ぐ規模でした。明治時代は石炭輸出が大部分を占めていた門司港ですが、大正時代からは石炭に換わって精糖や綿糸などの輸出が増えていったようです。いずれにせよ、現在も残る旧門司税関庁舎で多くの業務が行われていたわけで、手狭になり、わずか15年で新庁舎に移ったのもわかるような気がします。

さて、門司税関庁舎ができた当時の写真を見ると、岸壁側に現在は無い建物が併設されているように見えます。税関の奥(写真左)に見える建物は、「三菱合資会社門司支店」ではないかと思います。現在は取り壊されていて跡形もありません。(門司税関発行 門司港と門司税関の軌跡 〜門司税関100年の歴史 より)

旧門司税関

ほぼ同じ角度から見た現在の写真がこちらです。併設の建物部分はテラス席になっています。

TMH_SNA04651R.jpg

3代目税関庁舎が現在の場所に完成すると、2代目庁舎は民間に払い下げになりました。倉庫などとして使われ、1970年や1980年の住宅地図を見ると「松庫ビル」と記載があります。国書刊行会発行の「ふるさとの思いで写真集 門司」には衝撃的な写真も載っていました。

1983 旧門司税関

窓は全て埋められて倉庫として使われていたのでしょう。正面入口付近は立ち食いうどん屋になっていました。ただ、レンガ造りや建物の外観は留めていたようです。冒頭写真はほぼ同じ角度から見たものですが、あまりの違いように絶句してします。

門司港レトロで復元されたのは九州鉄道記念館と同様に外観のみです。外観の復元には特注のレンガが使われたそうです。内部には古いままのレンガ壁を見ることができます。庁舎3階には見張り部屋があり、現在もそこに上ることができます。

TMH_SNA04670R.jpg TMH_SNA04665R.jpg

窓越しに見る風景はなかなか絵になります。

TMH_SNA04667R.jpg

旧門司税関の写真を撮るなら、やはり関門橋を入れるべきでしょう。海峡プラザ付近からだと旧税関と関門橋、更には旧税関とも綺麗に調和するプレミアホテル門司港を入れるのも良いかもしれません。

TMH_SNA06446R.jpg

最後は夜景。旧税関や関門橋がライトアップされて大変美しいです。門司港レトロの多くの店は閉店時間が早く7時過ぎにもなると人影もまばらになります。ですが、門司港に来たなら是非とも美しい夜景を見ないと勿体ないです。

TMH_SNA06290R.jpg


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント