fc2ブログ
2019/04/27

【門司港散策】門司港レトロ・ハイマート展望台 - 関門海峡を一望する -

TMH_SNA04687R.jpg
ビル左下にあるのが旧税関、右に古城山が見えます。

関門海峡と関門橋、そして門司港の街を一望するならここ。黒川紀章設計の門司港レトロハイマートの最上階にある展望台です。門司港レトロのグランドオープン直前の1994年に建築申請されましたが、景観を損ねるとの理由で裁判沙汰までなって、設計変更の後、1999年にようやく竣工しました。元々は15階建てマンションの予定だったそうですが、海峡プラザ付近から古城山(和布刈公園)が見えなくなることが問題になりました。その為、建物の幅を細くして高層化することになったようです。完成当初は、門司港レトロの町並みにそぐわず違和感ありましたが、今ではすっかり門司港の顔になりました。レトロなレンガ作りの町並みと対比を考えて設計されたのか、それとも、ただ単に目が慣れてしまったのか・・

最上階の31階は北九州市が買い取り、フロア全体が展望台になっています。カフェもあるので、関門海峡を眺めながらゆっくりするにはもってこいの場所です。入場料は300円、エレベーターを上がって最上階に受付があります。

ここからの景色で一番素晴らしいのは、関門海峡を全て見渡せることでしょう。第1船溜まりと関門橋が一望できます。門司港の岸壁から見る関門橋も美しいのですが、高さ103mの展望台からだと埠頭や旧門司の町並みと一緒に見ることができるので絵になります。

TMH_SNA04675R.jpg

門司港駅方面を見下ろした写真がこちら。門司港駅の駅舎やホーム、車両基地全体を見渡すことができます。撮影したのが夕方前で逆光になっていたのと、ガラス越しの撮影なので色が綺麗に出てなくて残念です。

TMH_SNA04682R.jpg

門司港レトロエリア全体、そして晴れてモヤがかかってなければ巌流島や遠くに小倉の町並みまで見ることができます。1960年代後半の地図を見ると、現在の門司港プレミアホテルの左側岸壁まで貨物線が通っていました。門司港駅を迂回するように門鉄ビル、郵船ビル、大阪商船ビルの横を線路が走っていて、現在も残る建物の場所から昔の線路跡がはっきり見て取れます。門鉄ビルが四角い敷地をしていないのは、直ぐ横を斜めに線路が走っていたためなのです。

TMH_SNA04681R.jpg
眼下が第2船溜りで、左下が海峡プラザ。

ビルの間から関門トンネルの入口も見えます(人道トンネルの入口は和布刈神社の先)。関門トンネルは1958年(昭和33年)に完成し、60年が経って老朽化が問題となっています。海底トンネルなのでタンクローリーなどの危険物車両は通行できません。四国と本州の間は何本もの橋が架かっているのと比べると、通行制限無く本州と九州を結ぶ道路は関門橋だけしか無いのです。第2の関門橋建設構想が出るのは必然で、忖度云々の話ではないのです。

写真手前付近は、昭和初期の頃まで遊郭があり栄えていたそうです。現在はその面影はほとんどありません。(それらしい古い建物は数件残っていますが)

TMH_SNA04677R.jpg

山側(東側)には老松公園があります。関門トンネル開通に合わせて1958年に開催された「門司トンネル博(関門海底国道トンネル開通記念 世界貿易産業大博覧会)」の会場になった場所です。

TMH_SNA04679R.jpg

ちなみに、九州の大動脈である国道3号線の起点は、老松公園の正面交差点です。関門トンネルは大阪から続く国道2号線の一部です。公園と言っても特に何もありません。広いグラウンドが二つと図書館、そして1932年に建てられた慰霊碑と鳥居がひっそりと建っています。(門司市が満州事変の後に建てた碑は「忠魂碑」、北九州市制後に「慰霊碑」に呼称変更)

老松公園周辺は戦前まで栄えていました。今では面影すらありませんが、老松公園北側(写真では左側)に走る大通り(日の出町)には電車が走り、旭座、稲荷座などの芝居小屋もあったようです。終戦末期の大空襲、そして昭和28年の大洪水によって全てが無くなり街の様子も一変したとのことです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです