fc2ブログ
2019/03/13

マックで写真管理 Adobe Lightroom + Mac写真App

Lightroom Top

貯まり続ける写真の管理にはいつも頭を悩ませてきました。一昔前、Apple が純正の写真管理アプリ Aperture を販売していた頃は「Aperture 一択」だったのですが、販売もアップデートも終了してしまってから難民になりました。Apple 純正は「写真App」しかありません。

※ Aperture は 64bitアプリなので現在でも使えますが、カメラやレンズ新機種に対応しないので RAWファイル現像時に不具合が出る可能性があります。

写真を JPG 保存していた頃は 写真App でも何とかなりました。iPhone でしか写真を撮らない人にはベストチョイスなのは間違いありません。でも、デジカメで RAW 保存するようになってからは 写真App ではどうにもならない。とりあえず読込はできるけれど細かい調整や補正はできません。

※ 写真App の良い点と気に入らない点は以前に記事にしました。

現在、落ち着いたのは、Adobe Lightroom と 写真App のコンビネーションです。何を今更感がありますが、Aperture から Lightroomへの乗り換えは結構敷居が高かったのです。写真管理のコンセプトが異なってる感じがして直ぐには馴染めずに Aperture を使い続けていた次第です。Aperture なら、Lightroomと写真Appの大部分の機能を一つのアプリでできていましたから。

写真を管理するだけなら Adobe Lightroom で事足ります。なぜ、写真Appも使うのかというと、iPhone, iPad などと同期して写真を見るためです。写真Appには見て楽しむための機能が色々とあり、しかも素人でも迷うこと無く簡単に使えます。(言い換えれば、細かい設定はできなくて Apple の思惑にはまってるだけですが 😆)Adobe Lightroomで写真を現像・管理して、一旦ファイルを書き出して写真Appに読み込む操作が必要ですが、それでも写真Appを使うメリットがあると思っています。

現在メインで使ってるカメラ SONY α7R III は iPhone と連携して GPS 情報を書き込むことができます。よって、iPhone で撮った写真と混在しても写真Appの中でマップ表示にも問題はありません。GPS情報を含まない昔撮った写真は専用アプリを使って位置情報を書き込んでいます。


【写真管理の手順】
1. Adobe Lightroom で RAW写真を読み込む
2. 写真にタイトルを入力して、必要に応じて説明、キーワードも入力する
 ※ ここで入力したタイトルと説明、キーワードは写真Appでも繁栄されます。
 ※ GPS情報の記録漏れ写真があった場合は、この段階で元ファイルに位置情報を書き込みます。
3. ピンボケやボツ写真を除いて一枚ずつ写真を見ながら現像する
 ※ いらない写真をこの段階で除去します。
4. 現像した写真を一括で JPGファイルに書き出す
 ※ ファイル名の重複を避けるため、私はファイル名の後に「R」を付けて保存しています。
Lightroom_Save.jpg

5. 書き出したファイルをフォルダー単位で写真Appに読み込む
6. 撮影日時を調整する
 ※ 位置情報を後で書き込んだファイルでは、撮影時間に時差情報が含まれてない。
写真App日時調整

 ※ 写真Appの中で撮影場所を指定することもできるが使いづらい
7. 写真をリサイズし、必要に応じて画質調整する
8. Flickrなど写真共有サイト向けに写真を書き出す
9. Th-MakerX で写真をリサイズと同時にウォーターマークを入れる


写真Appには「スマートアルバム」という機能があります。設定できる項目は Aperture に比べると制約ありますが、タイトル、キーワードなど主要な項目でスマートアルバムを設定すると該当する写真だけを自動で表示できます。撮影年月日が異なる写真に同じタイトルやキーワードなどを設定しておくと、スマートアルバムで一括表示できるので便利です。

写真Appには iCloud 同期するファイルを設定できます「ファイル -> 統合」。私はこの機能を使っていません。iPhoneやAppleTVで表示できるようになるので便利なのは間違いありませんが、必要性を全く感じません。その理由は、
- iCloud同期から外すためには統合したファイルを削除して再読み込みしないといけない
- iCloud の容量を使うので、全ファイルを同期するには容量アップ契約が必要
- 写真Appの中から元のファイルをファインダーに表示できなくなる
- スマートアルバムは同期されない
など

iPhone, iPad との写真の同期は iTunes 経由で行っています。面倒そうで、これが一番確実なように思います。スマートアルバムの同期も問題ありませんし。

AppleTVで写真を見たいときは、iMacからは写真Appをフルスクリーン表示して AirPlay で見る・・・、もっと簡単には、iPhone, iPad から直接 AirPlay で表示することができます。AppleTV用にスクリーンセーバー写真だけは iCloud同期しておくと良いです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント