fc2ブログ
2019/02/28

スコータイ歴史公園(13)ワット・サシー Wat Sa Si - リタイ王が眠る寺院

TMH_SNA02177R.jpg

ワット・サシーはスコータイ城壁内でも最も大きな池、トラパン・トラクアン Traphang Trakuan の中にあります。場所はワット・マハタートの北西に位置します。第38碑文には、この寺院は第6代リタイ王 Phaya Lithai (1347 - 1368) の遺灰を納めるために建立されたとあります。サシーとはスコータイの言葉で「四つの池」を意味します。地図で見ると、寺院は池の真ん中にあるので四つの池がどれなのかわかりません。かつては四つに分かれた池だったのか、それとも四方を囲まれたという意味だったのかは定かでありません。

スコータイは大きな川に面してないので水の確保には苦労してきたようで、至る所に溜め池(タパン Trapang)があります。城壁内には大きなタパンが四つあり(Traphang Ngoen, Traphang Sor, Traphang Thong, and Traphang Sa Si)、それぞれの真ん中には寺院が建てられています。中でもワット・サシーは最も大きくて、仏塔のほかに仏堂、本堂などもあります。

Sukhothai_map2.jpg

寺院のある島に渡ってまず最初に目に付くのが美しい立仏像です。スコータイ様式の仏像の象徴とも言える「歩く姿の仏像」です。立仏像には、右手を挙げたもの、両手を挙げたものなどありますが、「歩く姿の仏像 Walking Buddha」は写真のように左手を挙げて右1足のかかとを少し浮かしたものを差します。今にも歩き出しそうなコンポーズ、しなやかな曲線美と相まって大変美しいです。

TMH_SNA02180R.jpg

大きな仏塔は比較的良く保存されています。その手前には少し小さな仏塔、Walking Buddha の写真の後ろに写っている仏塔があります。大仏塔の前(東側)には礼拝堂、更に東側には小島がありそこにワット・サシーの本堂があります。

TMH_SNA02185R.jpg

本堂周りには結界石 Sima が残っています。

TMH_SNA02186R.jpg

小島の東端、本堂の入口側から仏塔方向を見ると、建造物は直線上に並んでいるのがわかります。

TMH_SNA02188R2.jpg

ワット・サシーは池の真ん中に浮かんだような美しい寺院です。ロイクラトンの時期には、この池に沢山の灯籠が浮かべられるのだそうです。スコータイ公園内では土曜日の夜に遺跡のライトアップが行われています。寺院の間近で見るの良いですが、池の対岸のラムカムヘン大王記念碑側から見るワット・サシーも幻想できて美しいと思います。私は平日に行ったのでライトアップはなくて見ていませんが、次回行く機会があれば週末に行こうと考えています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント