FC2ブログ
2018/12/25

マハナコーンビル展望台に行って来ました

TMH_SNA04179R.jpg

2016年に完成したマハナコーンタワー(現在の正式名称は King Power Mahanakohn)の最上階展望台が約2年遅れで先月オープンしたので、早速行ってみました。この時期のバンコクは大気汚染が激しくて晴れていても見晴らしは良くありません。空を見上げると綺麗な青空なのに、街のビルをみると薄ら黄色いモヤがかかったよう。滞在中にスッキリしてくれるのを待ちましたが一向に改善する気配がなかったので諦めて行くことにしました。

バンコクの展望台と言えばこれまでバイヨークタワー II があって、高さは304mでした。マハナコーンビル展望台はそれよりも10m高いので、バンコクで最も高い展望台と言うことになります。場所は BTS チョンノンシーの目の前なのでアクセスは良好です。特徴的な変わったデザインのビルなのでランドマークとして目立ちます。

ビルの上部を見ると少し出っ張りがありますが、ガラス張りの床になっていて歩くことができるのです。約310mの高さに浮いたような感じを味わえると思います。

TMH_SNA04181R.jpg

さて、入口ですが・・・まぁ、値段が高いこともあって客はまばらです。私は昼過ぎに行きましたが待ち時間なし(笑)。正規料金は75階までで 850THB、最上階の78階に上るには 1,050THBですが、1月末まではプロモーション価格として 765THBで最上階まで上がることができます。それでもタイの他のアトラクションの入場料と比べると破格に高いです。

TMH_IMG_4193.jpg TMH_IMG_4195.jpg

直通エレベーターで 74階まで上り、最上階の78階に行くにはガラス張りエレベーターに乗り換えます(階段を上ることもできます)高所が苦手な人は、多分この段階で足がすくんで動けなるかもしれません(笑)。

TMH_SNA04186R.jpg TMH_SNA04188R.jpg

このエレベーターを降りた階が最上階の78階です。オープンエアなので開放感は抜群です。周りは分厚い強化ガラスで墜ちる危険性は無いものの、ビルの際まで寄って地上を見ることができるので慣れるまではかなり恐怖心がありました。

地上から見えた出っ張り部分ですが、次の写真のようになっています。私はとても歩く気にはなりませんでしたが、楽しんでる人はそれなりにいました。

TMH_SNA04223R.jpg

そして、この展望台の売り 314mの高さへは階段で上ります。ご丁寧に高さも表示されています。

TMH_SNA04224R.jpg TMH_SNA04198R.jpg

周囲の景色を眺め写真を撮るなら 314m からの方が良いです。こちらのガラス壁は少し低くなっているので写真が撮りやすいです。クッキリと晴れ渡っていたらかなり遠くまで見ることができるはずですが、この日は大気汚染によるモヤがかかっていて遠くまで綺麗に見ることはできませんでした。次の写真は Adobe Lightroom でかすみ除去処理などをかけて何とか見られる状態にしたものです。実際の写真は全体が薄らと白けて黄ばんだ感じでした。

ルンピニ公園方面を撮った写真
TMH_SNA04215R.jpg

トンブリの ICON SIAM方面を撮った写真
TMH_SNA04202R.jpg

チャイナタウン方面を撮った写真
TMH_SNA04219R.jpg

プラトゥーナム市場方面を撮った写真、かつての最高峰バイヨーク・タワー II が見えます。
TMH_SNA04218R.jpg

最後はシーロム通りからチャオプラヤ川方面を撮った写真
TMH_SNA04226R.jpg

バンコクに始めて行ったときに泊まったナライホテルや、その後しばらく定宿にしてた当時のタワー・イン(現在はフラマシーロム)が写真真ん中下辺りに小さく見えます。

眺望の良さを考えると、市街地中心に近いバイヨーク・タワー II からの方が良いと思います。スクムビット方面のビル群や王宮方面も見ることができますからね。

ちなみに、マハナコーンビル展望台は深夜12時まで営業しています。最上階にはバーもあるので夜景を楽しむことができます。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント