FC2ブログ
2018/10/22

iPhone Xs のカメラはどれほど良くなったのか - ハイエンドコンデジと比較

iPhone Xs Camera 480

昨日は久しぶりに雲一つ無い晴天。紅葉にはまだ少し早く、遠くに見える山々にはまだ緑が残っています。せっかく良い天気なので、iPhone を持って成田空港近くのタイ寺院に行って来ました。前回訪問したときはまだ内装が完成して無くて、タイから来た職人さん達が作業をしていました。


日差しを浴びた白い大理石の壁と真っ青な屋根の色。そこにタイ寺院特有の金色の飾りが施されていて、実物を見ると綺麗なのですが明暗が強くてカメラの被写体としては必ずしも良くはありません。脳に残った記憶色とモニターに映る写真の色との差が激しい。(笑)

持って出かけたのは、iPhone XsiPhone 7 Plus、そしてまだ動く状態の iPhone 6 の三台とパナソニックのハイエンドコンデジ LX100。F1.7の明るいライカDCレンズに4/3型MOSセンサーを世界で始めて搭載し、4K動画撮影できる優れものです。2014年発売当時はちょっとした話題にもなりました。画素数が1,280万画素なので、ちょっと物足りなくて最近は出番がありませんでした。時々、4K動画を撮る際に使ってる程度、年に数回あるか無いかですが(笑)。実は、iPhone 7 Plus を購入して 4K動画撮影でも出番が無くなるのではと思っていたのですが、あまりにも画質に差があったため LX100を使い続けているわけです。
1428110325157.jpg
さて、写真の比較ですが、寺院外観と内部に安置されたご本尊の写真を撮りました。iPhone には自動で HDR写真を撮ってくれる機能がありますが、元画像を比較しました。いずれも同じサイズに縮小しているので、800万画素の iPhone 6 は 1,200万画素の iPhone 7 や Xs より解像度がやや低くなっています。

【寺院外観】 青空と大理石の白い壁のコントラスト、暗部の細かな細工がポイントです
TMH_IP6_0092-2.jpg TMH_IP7_3689-2.jpgTMH_Xs_3692-2.jpg TMH_P1020293-2.jpg

iPhone で撮った写真はいつも思うのですが全体的に黄色味を帯びています。パソコンのモニターのせいかもしれません。ですが、LX100の写真はモニター上でも青が青らしく綺麗に映っています。

顕著な差があります。日差しを浴びた壁を見ると、iPhone Xs の写真だけ壁の石模様が白飛びせずに綺麗に映っています。一方で、屋根右側の暗い部分は iPhone Xs が一番明るく撮れています。iPhone Xs ではデフォルトでもスマートHDRが働くのかなぁと思わせる結果でした。

画質(センサー性能)の良し悪しは暗部ではっきり現れると思っていて、屋根右側の暗い部分を拡大してみると、iPhone 7 Plus が一番酷い。色に深みが無く白けた感じになっていました。これが LX100を使い続けている理由です。iPhone Xs では、多分実際より明るく映っているのだと思いますが、暗部でも綺麗に色が出ているのがわかります。LX100より良いかも。この結果からすると、今後は多分 LX100の出番は無くなるでしょう。

あと、写真左下の植物についても、印象色に一番近いのは iPhone Xs でした。何の設定もせずにここまで綺麗に映ることに驚きです。まるで HDR 写真を見ているよう。

iPhone Xs では、明るい部分が白飛びせず、暗部までしっかり映るので見栄えの良い写真が撮れます。シャープネスも適度にかかって、かなり画像処理されてるような感じもしますけどね。でも、見た目が綺麗、記憶に残っている色に近ければ良いのでは無いかと思います。

【寺院外観 - 右上屋根部分の拡大】(Dot by dot 表示して画面を切り取り、等サイズに拡大縮小)
IP6_0092-2.jpg IP7P_3689-2.jpgXs_3692-2.jpg P1020293-2.jpg

青と白の色が一番よく出ているのは LX100。iPhone では全体が黄色味がかっているので当然の結果でしょう。iPhone 6 は解像度(800万画素)で劣りますが暗部まで色合いはしっかり表現できているように思います。iPhone 7 Plus では残念ながら暗部で色が潰れてしまい色コントラストの低い写真になっていて画質的には劣っています。一番綺麗に撮れたのは iPhone Xs で、暗部の色もしっかり表現されて見た目の印象以上に鮮やかに表現されていました。iPhone は全般的にエッジ処理がされているようで、iPhone Xs が一番きつい。ですが、くっきりした写真にするためには、これくらいのエッジ処理なら許容範囲かもしれません。本来なら、LX100の写真のように少しぼやけててもおかしくない。

【寺院内部のご本尊】あえて窓の外光を入れて明暗コントラストが高い構図
TMH_IP6_0094-2.jpg TMH_IP7_3691-2.jpgTMH_Xs_3695-2.jpg TMH_P1020295-2.jpg

これも予想通りの結果です。一番美しく撮れているのは iPhone Xs でした。注目するのは左側窓外の景色です。iPhone Xs のみ外の景色が映っていて、まるで HDR 処理したような感じです。仏像下の飾りもエッジが効いていてクッキリと映っています。記憶に残っている色合いからしても iPhone Xs が一番良く表現されているように感じます。赤い床の絨毯の色が全体に色かぶりしていますが、実際に見たときはそう感じませんでした。色かぶりが一番少ないのも iPhone Xs です。おそらく、センサーだけでなくレンズの性能もかなり向上しているのではないかと思います。

色々と試してみましたが、iPhone による撮影では、iPhone を取り出した状態で直ぐに撮影しています。フォーカスポイントを決めると多少異なった写真になると思います。自動でHDR写真が撮れるので、ここで使用した写真は全て HDR処理前の元画像です。

結論として、
iPhone Xs のカメラ性能は期待した以上に良くて、LX100に迫る。旅行に出るとき、4K動画を撮る予定の時は一眼レフの他に LX100 も持って出かけていましたが、これからは iPhone Xs だけで良さそうです。iPhone Xs は 4K, 60p 動画が撮れるので LX100 を越えてるのは間違いないです。次回の旅行が楽しみです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント