FC2ブログ
2018/09/25

macOS Mojave 10.14 をインストール

App_Store_macOS_Mojave_download.jpg

本日より更新ファイルのダウンロードが可能になりました。App Store のトップページにからダウンロードページを開いてクリックするだけです。

対応機種は 2012 年以降に発売された Mac で下記の通りです。
iMac Pro (2017) 以降
iMac (Late 2012) 以降
Mac mini (Late 2012) 以降
MacBook Air (Mid 2012) 以降
MacBook Pro (Mid 2012) 以降
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降
Mac Pro (Mid 2010)とMac Pro (Mid 2012)のMetal対応GPUカードを搭載したモデル以降

我が家には旅行する際に持ち歩く5年位前に購入した MacBook Pro (Late 2012) があるので、まずはそれからアップグレードすることにしました。

Install_macOS_Mojave.jpg

残り時間は出ますが、いつものことながら目安にもなりません(笑)。ダウンロードに 5~6分、画面が暗くなりインストールが終わって再起動するまでに約50分かかりました

設定画面が表示されます。まず最初に出てくるのは「外観モードの設定」で、当然「ダークモード」を選択しました。

IMG_3638a.jpg IMG_3639a.jpg

Google Drive を使ってるとアクセス許可を求めてくるので、ボタンをクリック。

Google Drive Access Permission

これで設定は終わり。Finder を開いてみると、ダークグレーのバックグラウンドで全体が引き締まって綺麗に見えます。これだけでも macOS Mojave にする価値があります。

Mojave_Finder.jpg 

macOS Mojave は 32bitアプリが動く最後の OS になります。よく使うアプリの中にもまだ32bitアプリがあるので要注意です(サポートしているだけで全ての 32bitアプリが完動するとは言ってないらしい)。

macOS Mojave の新機能は、
1. ダークモード ← クッキリ見えて目が疲れない!
2. Preview と QuickTime が合体したような Finder
3. 追跡防止機能が強化された Safari
4. ダイナミックに画面変更可能なデスクトップ
5. スクリーンショット ユーティリティ(アプリケーションのユーティリティフォルダ内)
 Shift + Command + 5 で起動できます。
6. 使いやすくなった App Store と iTunes
7. iPhoneカメラとの連携
などでしょうか。

メジャーアップデートの際はトラブルが付きもの。母艦の iMac はしばらく様子を見て更新する予定です。

1600x1000bb.jpg
【追記】MacBook Pro にインストールして特に問題無さそうだったので、iMac もアップデートしました。こちらは完了までに1時間半以上かかってしまいました。気持ち、サクサク動くようになった感じがします。一通りアプリを開いてみましたが、32bitアプリを含め全て無事に動作することを確認しました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント