fc2ブログ
2018/06/28

Apple からの不可解なメール

Apple_iTunes_180630.jpg

Apple から届いたメール

XXXX様 
Appleは、iTunes StoreまたはApp Storeでの購入時に、お支払いに関連する情報が引き続き確実に保護されるよう、2018年6月30日にシステムをアップデートいたします。 

弊社の記録によると、お客様は古いバージョンのiOS、macOS、またはApple TVソフトウェアからストアにアクセスされている可能性があります。 

iOS 4.3.5以前 
macOS 10.8.5以前 
Apple TVソフトウェア4.4.4以前 

上記のソフトウェアを搭載しているデバイスからお支払い情報を変更するには、より新しいバージョンのソフトウェアに更新する必要があります。 

最初は何かの釣りかと思いました。と言うのも、うちの iMac, MacBook Pro, iPhone, iPad は可能な限り直ぐに最新OSにアップデートしていて、記載されているような古いバージョンは使っても無いから。いつのどのような記録に基づいているのかが不明なのでなんとも言えません。もしかしたら、なりすましが古いOSを使っている可能性もゼロではないです。

送信元を確認して、メールに記載された「詳しい情報」をクイックルックして Apple の公式サポートサイトであることを確認してから開いてみました。

iOS 4 は、iPhone 4 (2010年)に搭載されていた OS です。うちには古い iPhone 4S が眠っています。(捨ててないだけですけど)これに搭載されていた OS は iOS 5 ですので、上記には該当しません。初めて買った iPhone が iPhone 3GS で、本体は捨てずに持っていますが既に電源すら入らない。というか、ちゃんと OS の更新はしていたので、使わなくなった時点で iOS 6 にはなっていたはずです。

macOS については、メインの iMac と MacBook Pro は常に最新版の OS にアップデートしています。サブ機で時々使用する 2009年ものの iMac も今年になってから macOS 10.13 High Sierra にアップデートしました。その前までは macOS 10.9 Mavericks で使っていました。つまり、Mac についても macOS 10.8.5 以前の OS はここ数年使ってないのです。ちなみに、macOS 10.8.5 とは Mountain Lion です。

Apple TV ソフトウェアについても、Apple TV (3rd generation) が発売された 2012年までは Apple TV (2nd Generation) を使っていたので、その時の OS が Apple TV ソフトウェア 4.1 です。3rd generation からは version 5 になっています。

このように、少なくとも 2012年以降は該当する古い OS を使う環境に無かったはずなのに、なぜこんなメールが来たのでしょうね。なんとなく、気持ち悪い。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント