FC2ブログ
2018/06/17

iOS 12 で iBooks が Apple Books に変わる

Apple-Books_06122018.jpg

私は iPhone や iPad で本を読むことはほとんどありません。本を読むときはやはり紙の方が読みやすい・・と思うアナログ派なのです。自分の読みたい本が iBook や Kindle に無いことが多かったというのがいまだに紙派でいる一つの理由かもしれません。とは言え、気に入った本、何度も見返す参考書籍は自分で pdf にして iBook に放り込んでいますが。

いまいち日の目を見なかった iBooks が、iOS 12 で Apple Books となって生まれ変わります。 App Store, iTunes, Apple Music とインターフェースが同じになるようです。iTunes や App Store では古いインターフェースに慣れていたので、実はいまだに今の画面に違和感があります。探したい物を探すのに一苦労します。昔から使っている者にとっては、インターフェースの変更は慣れるまでが大変で少々ウンザリしてしまいます。

iPhone を初めて購入して iTunes を使い始めた頃、曲を自分で取り込んでプレイリストを作って聴きたい曲だけを何度も聴いて楽しんだものです。iTunes はアプリとしても優れていましたし、しかもそれが無料て使えたわけで、Apple にはほんと感謝しました。(ちょっと言い過ぎですが)

今やネット配信の時代。自分だけで楽しんでいた iTunes は既に終わり、音楽や映画などのストアに変貌を遂げてしまいました。新作やお薦めの曲や映画がトップ画面にどーんと表示されてコンテンツのストアアプリ以外の何物でもなくなってしまいました。そして、その画面を見ていると、ついついクリック(購入)してしまいたくなり、Apple の思うつぼにハマってしまった感があります。

iWorks は Apple 製品を売るためのツール、無料アプリです。けれど、iTunes や iBooks は決して iWorks と同じ位置づけでは無くて、自分なりの使い方はまだできるものの、Apple のコンテンツストアなのです。ハードの売り上げが伸び悩む中、コンテンツの売上は大幅に伸びているので、Apple も当然コンテンツの充実を図り収益の一つの柱にしたいと考えているはずです。

新しくなった Apple Music、そしてこれから変わる Apple Books はコンテンツを売るために最適化されたインターフェースと言って良いように思います。タダほど怖い物は無い・・・というか、無料と思って慣れ親しみ使ってきたアプリでコンテンツを購入させられようとは。。。(笑)

自分の聴きたい、読みたい本を実際に店で買おうとすると探すのも大変です。それがネット上で簡単に検索できてその場で購入できれば楽です。欲しいと思ったときに手に入ることほど幸せなことはありません。言うなれば、Apple とユーザーは Win-Win の関係なのかもしれませんね。ただし、ネット購入は敷居が低いので、いらない物まで買ってしまうのだけは注意しなければ。。。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント