fc2ブログ
2018/06/08

Mac この秋に楽しみなこと三つ macOS Mojave, iOS 12

WWDC_18_Opening.jpg

今週行われた WWDC18 では数々のニュースが発表されました。例年通り、ほとんどの OS がバージョンアップされます。中でも私が楽しみにしていることは次の三つ。

1. macOS Mojave の Dark Mode
2. iOS の Performance 向上
3. AR

1. Dark Mode はデスクトップ全体が暗めの設定になり、目に優しいだけでなく、見た目もなんだかクッキリ締まって洗練された感じがします。疑似体験できるアプリも早速登場していますが、どんな不具合が起こるかわからないので、Mojave がリリースされるまで楽しみに待つことにします。

Mojave DarkMode

Mojave で残念なことは、サポートする機種が減ること。macOS「macOS Mojaveでサポートされる機種は次の通り。

iMac (Late 2012)以降
Mac mini (Late 2012)以降
MacBook Air (Mid 2012)以降
MacBook Pro (Mid 2012)以降
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)以降
Mac Pro (Mid 2010)
Mac Pro (Mid 2012)のMetal対応GPUカードを搭載したモデル以降

メインマシンとして使っている iMac Retina 5K, Late 2014 はまだ使えますが、バックアップマシンとして使っている iMac 27 inch Mid 2009 は High Sierra 止まりになってしまいます。代替のない 32bit アプリを動かす為に使うことになるでしょう。

32-bit アプリのフルサポートは High Sierra までと思っていたので、Mojave でも 32-bit アプリが動くのは有り難いニュースです。(フルサポートとは言ってないので、おそらく動かない 32-bit アプリもあるでしょうが)

Mojave-last-macOS-support-32-bit-app-and-framework.jpg


2. iPhone については 64-bit Architecture をもつ機種全て、つまり iPhone 5s 以降が対象となり、全てにおいてパフォーマンスの向上が図られるようです。

CPU_Performance.jpg

私はまだ iPhone 7 plus 使いなのですが、現状でも特に不都合を感じていません。これがパフォーマンス向上すると、ますます新機種を買いたい意欲がなくなりそうです。いいんですかね、Apple さん。

3. 今後が本当に楽しみなのは Augmented Reality (AR) です。現在も疑似体験できるアプリはありますが、主要プレイヤーと共通フォーマットが設定されたのは有り難いことです。これでますます AR 技術を取り入れたコンテンツが増えていくのではないでしょうか。一方で、より巧妙なフェイクも増えるだろうから要注意ですが(笑)。

USDZ_Format.jpg


tvOS 12 では、Dolby Atmos を新たにサポートということですが、対応するオーディオ機材を持っていないので、私には全く関係ありません。

watchOS 5 で注目は、トランシーバー機能と Web を表示できるようになることでしょうか。ただ、残念なのは初代 Apple Watch はサポート対象から外されるようです。大変高価なゴールドウォッチを購入された人もいるでしょうが、watchOS 5 のサポート対象外です。サポートされるのは裏側の脈拍センサ上部に Series 1, 2, 3 と書かれている機種のみになります。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント