2011/09/10

ドイツでGalaxy Tab販売禁止の裁決 [AppleInsider]

A German district court ruled on Friday that Samsung cannot sell its Galaxy Tab 10.1 in Germany because it infringes on the design of Apple's iPad 2. [AppleInsider]

金曜日(9/9)、ドイツの法廷は、Samsung Galaxy Tab 10.1がApple iPad2のデザインを侵害しているとして、Samsungに対してGalaxy Tab 10.1の販売禁止の裁決を下しました。

以前から一時的な決定は下されていましたが、金曜日の決定では「Galaxy Tab 10.1がApple iPad2にあまりにも似すぎているのは明白」としているとのことです。

Appleのデザインは、タブレットPCを作る上で技術的な解決策の必然的な結果だけでは無く、他のデザインを採用することもできた。実機同士の比較をするのではなく、Appleの提出したデザインに注視してみると、Samsung Galaxy Tab 10.1はiPad2から十分に差別化(区別)できるものになっていない。

要するに、マネしたのは明白・・・という判断ですね。

Samsungさん、日本でもAppleに訴えられています。庶民感覚からすると、Samsung GalaxyがApple iPhoneやiPadあまりにもそっくりなのは明白です。“模造品”でも“一流”企業が製造販売すれば、そのブランド品にできる・・・なんて言う風潮は受け入れがたいです。某お隣の国でも「マネ」が横行していますが、経済的にのしてきている上にあの国民性というか“人民性”ですから、価値観の違いというのは恐ろしいです。

samsung_suit041811_001.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント