fc2ブログ
2018/05/18

ニューヨークのストリートアート

TM_1207 NYC_SN0639

アメリカで落書き文化が芽生えたのは 1960年代のフィラデルフィアだったと言われています。1970年代に入ってから、落書き文化の中心地はフィラデルフィアからニューヨークに移りました。一気に花が開き社会問題化するほどになったのは、あの有名な “地下鉄の落書き” です。スプレーペイント特有の丸っこいモコモコとした文字と色鮮やかな配色そして 3D的な描き方は、もはや落書きの域を超えて芸術性を感じたものです。ニューヨーク地下鉄が落書きの根絶作戦をスタートしたのは 1984年です。その後、一気に「綺麗な地下鉄」が走るようになって、私が初めてニューヨークを訪れた1886年頃には「落書き地下鉄」は少数派になっていました。

ペインター達が鍛えた技を披露する場所として選んだのは、必然的ですが、ニューヨーク市街地のビルの大きな壁面です。当時撮った写真が数枚だけありました。残念ながら場所はわかりませんが、SOHO の近くだったと思います。風刺的だったり、自己主張だったり、テーマは色々とあったようですね。もちろん、単なる “落書き” も沢山ありました。

TM_ESN052_005.jpg

さて、現在はと言うと、ストリートアート アーチストと呼ばれる人までいるほど、その芸術性が認められて活動の幅を拡げているようです。冒頭の写真は High Line から見ることができるペイントアートで、ブラジル出身の Kobra さんが 2012年に描いた作品です。独特な鮮やかな色彩と直線的な描画が特徴的です。Brooklyn, Williamsburg の Bedford Avenue を散策していたとき、同じような作風のアートを見つけました。調べてみると、やはり同じ Kobraさんの作品で、2014年作とのことでした。

TM_P1000199.jpg

Bedford Av. には他にもいくつか作品がありました。

TM_1308 NYC_SN056TM_1308 NYC_SN057

High Lineとその周辺は倉庫が多くビルには大きな壁面があるため、他にもいくつか作品を見ることができます。シンプルだけど目を引いたのはこれです。

TM_DSC04344.jpg

別記事で紹介した Ladies Mile, 6番街 17th Street の駐車場にあった作品は Nick Walker が描いたものです。

TM_P1000301.jpg

Lafayette Street と Canal Street の交差点には、こんな鮮やかなビル装飾もあります。古くてくすぶった色のビルが多い中で、ひときわ目を引く建物でした。

TM_DSC04587.jpg

Greenwich Village に行くと昔ながらの “落書き” も残っていました。これは 2015年に撮影したものです。Christopher Street をハドソン川まで歩いて Pier 45 の公園前にありました。現在は多分、落書きは綺麗に消されているかもしれません。

TM_DSC04567.jpg

この辺りは High Line の直ぐ南側でハドソン川を眺められる絶好の場所なので、今後開発が進むのではないでしょうか。ただし、NYC Landmark に指定されているのでビルそのものが無くなることはないと思います。Christopher Street というとゲイの街として有名です。通り添いには “なるほど〜” と思わせるような店もありますが、現在は観光地化されていて人通りも多く安全な場所です。ちなみに、この落書きされた建物、調べてみると 1990年頃まで有名なゲイバーだったそうです。

Christopher Street 沿いにある Path Train の駅には、こんな意味深な壁絵もあります。さすがゲイの街だけのことはありますね。

TM_1207 NYC_SN0777

ゲイついでに、ストリートアートではありませんが、SOHO にはこんな垂れ幕?(左上に抱擁する男性カップル)もありました。SOHOには Cast Iron ビルが沢山残っていて、その多くが改装されて新たにショップとして生まれ変わりつつあります。ビルの色も様々で美しくお洒落で、街自体がストリートアートと言っても良いかもしれません。

TM_DSC04617.jpg

ストリートアートは街中に描かれた現代の壁画のようなものです。役目を終えたり、再開発で街自体が変わっていくと失われていく運命にあります。1987年に SOHO で撮った次の写真、1986年に René Moncada によって描かれた "I AM THE BEST ARTIST" という作品ですが、2015年に同じ場所で撮った写真では、このビルは綺麗に改装されてショップになっていました。

TM_ESN083_016.jpg TM_DSC04873.jpg

ニューヨークはヨーロッパの伝統的な街に比べると決して古くはありません。ですが、1800年代後半から多くのビルが一気に建ち並び、朽ちること無く再び新しい街に生まれ変わっている場所は他にはないと思います。100年以上も前に立てられた古いビルの装飾を見て回るだけでも楽しいのですが、芸術・文化に触れながら、街中にあふれるストリートアートを探して散策するのも、古くて新しい街ニューヨークの魅力だと思います。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント