fc2ブログ
2018/05/17

ニューヨーク SOHO の入口にある壁のモニュメント "The Wall"

TM_1207 NYC_SN0541

ブロードウェイをバッテリーパーク方面に南下して、Houston Street との交差点に “The Wall” はあります。1980年代に初めてニューヨークを訪れたとき、青く塗られた壁にエメラルドグリーンの鉄骨が規則正しく突き出した構造が大変印象的でした。“Gate to SOHO” とも呼ばれていて、場所的にまさに SOHO の入口にあたります。

この壁のモニュメントは、1973年に彫刻家 Forrest Myers によって作られました。42本のアルミ製骨を壁に取り付けただけの、ある意味、単純な作品ですが、大きさはビル8階建てほどもあって巨大なものです。この場所には元々ビルが建っていて、Housuton Street の拡幅工事のために取り壊されました。

2008年に久しぶりにニューヨークを訪れた時に行ってみました。
「あれ? こんなだったっけ?」
確かに色も形も変わりありませんでしたが、何となく印象が異なっていました。以前見たときは、アルミ柱には手が届きそうなくらいで、のしかかってくるような圧迫感に圧倒されたように記憶していました。1980年代に撮った写真がこれ。

TM_ESN083_018.jpg

左側に見える出窓のような屋根の位置を現在の写真と比べてみると、アルミ柱は明らかに上階側に移動しています。調べてみると、これらの柱は 2002年に一旦撤去されていました。ビルのオーナーは老朽化を理由に撤去したいと New York City Landmarks Preservation Commission (LPC) に申し立てをして、復旧することを条件に撤去が認められました。この場所、立地条件が良くて広告壁にするには最高の場所ですから、一文にもならないモニュメントをなんとかしたいとオーナーが思っていたのは間違いありません。

その後、復旧までにはさらに一悶着あって、オーナーと LPC が最終的に合意したのは 2007年のことです。アルミ柱の設置位置を約1階分上に移動して、その下に4つの大きな看板を掲げることになりました。これにより、ビルオーナーは年間 60万ドルもの広告収入を得ているらしいです。
元のモニュメントと位置を比較した写真がありました。

Pages-from-d_comparison_ArtWall.jpg

ブロードウェイ側の一角に、作者と建造年が記されたパネルが設置されています。

TM_P1000175.jpg

ニューヨークには歴史ある豪華な建物が沢山あってビルの博物館のよう感じですが、このようなストリートアートも沢山あり、それらを見て回るのも楽しいです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント