fc2ブログ
2018/05/08

あると便利な Mac のユーティリティー ステータスバーに WiFi ネットワーク名を表示する

Debookee_Tools.jpg

外出先で MacBook Pro を使っているとき、知らないネットワークに勝手に繋がって困ることが時々あります。接続ネットワークに優先付けはできるはずなのに、何故だかうまくいきません。そんな時に便利なのが Debookee Tools というユーティリティー(無料です)。接続している SSID 名を画面上部のステータスバーに表示してくれます。

外出先で MacBook Pro を使うときは Mobile WiFi で接続しているわけで、iCloud や Dropbox を使っていると気づかない間に通信容量が増えていたりします。Dropbox や Google はステータスバーから同期をキャンセルすることができるので無駄な通信を回避できますが、iCloud はくせ者です。特にフォトストリームとか iCloudフォトには要注意なのです。iPhone で撮った写真を勝手に同期してくれるのは便利なのですが、外出先で Mobile Wifi を使っているときに沢山の写真を自動で同期されると一気に通信制限に引っかかってしまいます。

Debookee Tools をインストールするとステータスバーに上記写真のようなメニューが表示されます。ここで表示したい情報だけを選択するだけです。私は SSID のみ表示にしています。ステータスバーの表示はこんな感じです。

MacBook_Pro_Status_Bar.jpg

Command キーを押しながらアイコンをクリックすると場所を変更できるので、SSID 名の前に見栄え良く WiFi 接続のアイコンを置いています。

自宅に戻ったときや、ホテルで WiFi に繋ぐときも、接続 SSID 名が表示されていると何かと便利です。ついつい Mobile WiFi の電源を落とすのを忘れてたりしますからね。

アプリの最終更新日は 2016年5月18日なのでしばらく更新されていません。ですが、64 bit アプリなので今後も安心して使えると思います。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント