FC2ブログ
2018/05/03

4K Ultra HD Blu-Ray は必要か?

TM_P1020271m.jpg

先月、Blu-Ray レコーダーを買い換えて UHD Blu-Ray にしました。Panasonic DMR-UBZ2030 という機種です。これにしたのは、HDR対応の他、4K/60p/36bit出力に対応しているので、しばらくは買い換える必要がないかなぁと思ったから。テレビの方は同じく Panasonic のビエラで、HDR非対応のちょっと前の 65型です。

4K の美しさは YouTubes の映像でも感じています。「感じて」というのは、2Kより綺麗なのは間違いなくてもスゴいというレベルではなかったからです。ビットレートを抑えたストリーミングによる制約かもしれないとも思いましたが、SD から HDハイビジョン映像に変わったときほどの感動はありませんでした。

地デジのビットレート最大値は約17Mbpsで、BSでは24Mbps です。いずれも可変ビットレートなので平均するとそれぞれ14Mbpsと18Mbps くらいだと言われています。これが Blu-Ray だと最大約54Mbpsで平均40Mbps程度です。ちなみに 480pのDVDは約10Mbpsです。

YouTubes はどれくらいかというと、ダウンロードした映像をいくつか調べてみたところ、4K で約22Mbps(H.264)くらいのものまでありました。2Kでは6〜8Mbpsくらい。4Kでは画面面積が2Kの4倍なので画質的には2K動画よりも悪いと考えられ、綺麗に見えるのは解像度が上がったためでしょう。

UHD Blu-Ray は最大 100Mbps(H.265)くらいとされています。DNR-UBZ2030はもちろん、H.265/HEVC で 100Mbpsに対応しています。動画の圧縮技術は H.265/HEVC でより高画質な圧縮が可能になっています。
Panasonic UBZ2030_03 H.264 と H.265/HEVC とでは画質はどれくらい違うかというと、H.265では大体30〜40%ビットレートを落としても H.264と同等だと言われています。つまり、100Mbps(H.265/HEVC)は22Mbps(H.264)とを比べて約 6〜8倍以上高画質ということになります。UHD Blu-Rayではかなり綺麗に見られるものと期待が膨らんでいました。

前置きがすご〜く長くなってしまいましたが、冒頭の UHD Blu-Ray を再生してみた結果です。

テレビから約2m程度離れて UHD Blu-Ray を再生してみると、綺麗は綺麗ですが「ん?」といった感じ。試しに同包の HD Blu-Ray と比べてみても違いがよくわからない。真剣に目をこらしてみると、UHD だと確かにメリハリがはっきりしている感じでした。「宮古島」など風景では違いを探すのは容易ではありませんでした。「Star Wars」のテロップなどの文字では明らかに UHD の方がクッキリしているように感じました。

価格で倍近くも高い UHD Blu-Ray を買ったので何としても違いを納得したい。。そんな思いから UHD と HD を見比べてみました。結果として、画面から 40〜50cm位の距離から見てみると静止している部分で違いがわかりました動いている場面では違いを探すのは困難かもしれません(笑)。

HD と 4K UHD では記録されている動画には画質に明らかな違いがあるはずです。でも、テレビで見ると違いを明確に認識できない・・・。考えられる理由は、UBZ2030で HD映像を再生する時に「4Kダイレクトクロマアップコンバート」で 2K信号が 4Kにアップコンバートされているためかもしれません。なかなか優れもののようです(笑)。まぁ、たしかに、地デジを見ていても細部まで特に違和感なく、シャギーも無く美しく見えていますからね。

結論です。
テレビ画面から 2〜3m 以上離れて映画を見るなら、UHD Blu-Ray は必要ない

かも。

これからはネット配信がますます増えてくるでしょうから、Blu-Ray で映画を見る機会も少なくなっていくでしょう。UHD Blu-Ray にしたからと言って目が覚めるような美しさを感じることは無いと思います。多分、8K になったとしても家庭のリビングで見る限りにおいて HD映像との違いは余りないかもしれません。画質より映画の内容の方が重要ですね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

もしかしたら

テレビがHDR非対応ということなので、HDR対応にするとUHDブルーレイの恩恵がさらに受けれるかなと思います。
又、テレビの色域サポートにも気をつけたいところかもしれません。
UHDブルーレイはRec.2020の色域がせっかくありますが、テレビの色再現性がそれを活かせない数値だと勿体無いですよね。
最後に、そもそもその作品自体のマスターが2Kで制作され、アップコンバートによって4Kになっているものも数多く存在するので現状UHDブルーレイの恩恵をフルで得るためにはなかな難しいかもしれません。。