2011/09/06

Blu-Rayの.m2tsファイル※ピー

久しぶりにおバカなことをやってしまいました。

我が家のiMac (2011 May) には、VMware Fusion 3, Windows 7 + DVDFab Passkey を入れて、DVDはもちろんのこと、地デジやBlu-Rayまで丸裸にしています。DVDの場合は1GB程度のファイルがTSフォルダに収まっていますが、Blu-Rayや地デジになると、そのサイズは20GB以上のものもあり巨大です。

iMac/VMware Fusion 3 の組み合わせは、以前から使っていたDELL Windows XPマシンのパフォーマンスを上回るので、WinPCは完全にお払い箱にしていました。

いつものように、DVDFab Passkeyのお世話になってBlu-Rayの.m2tsファイルをHDDにコピーしようとしたところ、何度やっても途中でコピーが止まってしまい考え込んでしまいました。う〜ん、VMware FusionからiMacに接続したHDDへの直接コピーは難しいのかと諦めかけていたところ、ふとしたことから“おバカ”なことに気づきました。

なんと、コピー先に指定していたHDDがFAT32フォーマットだったのです。これでは、4GB以上のファイルをコピーできないのは当然です。早々、Mac OS拡張フォーマットのHDDにコピーしたところ、無事に21GBのファイルもコピーすることができました。

iMacを買い換えるまでは、DELLのWidows XPマシンも現役で活躍していました。その時に接続していたHDDがFAT32フォーマットだったわけです。ファイル共有の目的から外付けのUSB HDDを一台だけFAT32フォーマットにしていたのです。

DVDFab Passkeyによるリッピング
REGZAでHD録画した番組をBlu-Ray Discに焼く
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント