fc2ブログ
2018/03/06

チャオプラヤ川河口の街 Paknam, Samut Prakan 散策

TM_DSC07916.jpg

バンコクの中心街 Siam SQ から南東に約20km、サムットプラカーン県の中心地パクナム(Pak Numとは河口)を紹介します。Samut Prakan とは「海辺の城壁」の意味です。チャオプラヤ川の東西に広がる県で、西側には田園地帯が広がり、東側は工業地帯や観光施設があります。スワンナプーム国際空港もサムットプラカーン県にあるのです。チャオプラヤ側の河口という重要な位置にあるので、パクナム周辺はアユタヤ王朝時代から既に開発が進んでいました。現在の港が整備されたのはラーマ II世の時代以降です。海の安全を見守るためでしょうか、チャオプラヤ川を挟んでパクナム市街地の対岸にはプラ・サムットチェディーがあります。

パクナムは、タイで初めの電車鉄道 Paknum Railways の終点でした。港で上がった荷物をバンコクに搬送するためだったと思われますが、実際には人の行き来に使われることの方が多かったそうです。1960年に廃止されてから、パクナムには鉄道が通っていません。


そのパクナムに間もなく BTS スカイトレインがやってきます。高架路線と駅は昨年末頃までに既に完成しているので、あとは開業を待つだけです。まだ日程は発表されていません。アクセスが良くなるので観光客も増えるのではないでしょうか。現在は Samrong(青枠)までです。

BTS Map

クロコダイルファームまでは行きやすくなります。もう少し南まで、あと3kmくらい延びてくれれば Ancient City にも行けるのですが、タイというのは面白い国で、観光地の近くに駅はできません。Samrong から二つ目は Chang Erawan という駅で、エラワン博物館の最寄り駅になりますが、駅から入り口までは 500m 以上離れているのです。タクシーやモトサイの仕事を奪わないための配慮なのでしょうかね。観光客にとっては不便極まりないのですけど。

パクナム市街地の見所は、Samut Prakan Pier 付近の商店街と寺院です。このピアからは対岸のプラ・サムットチェディーに渡る船が出ています。Paknum Railways の名残と言われるモニュメント(冒頭の写真)もあります。

 
  

市街中心部には立派な寺院が二つあって、一つはワット・ピーチャイソンクラーム Wat Pichai Songkram で、もう一つは少し離れた場所にあるワット・クラン Wat Klang です。


 

写真に写っているタワーはパクナムタワーと言いますが、オープンしているかどうか不明です。この辺りでは一番高い建物なので、晴れて空気が綺麗な時はバンコク市街地の展望台からも見えます。

街全体はバンコクに比べるとのんびりとした雰囲気です。市街地は小さいのですが、寺院巡りをしようとすると意外とそれぞれが離れています。BTS Paknam駅のできる場所から市街地と寺院を回って BTS Srinagarindra まで行くと約4km。ゆっくりと観光しながら歩くと、少なくとも 3時間くらいはかかります。対岸のプラ・サムットチェディーまで行くと、更に 2時間は見ておくべきです。大体の位置がわかる地図を載せておきます。ちなみに、 BTS Paknamからパクナムタワー前までで約 500mです。ピアの辺りまでだと約 1km にもなります。暑いので、歩くのはちょっとしんどい距離かもしれません。

Paknum map

BTSの延長改行が待ち望まれます。完成したらまた行ってみることにしています。今度はプラ・サムットチェディーにも行って、できれば Ancient City にも行ってみようかと。。。ただ、Ancient City は広大な土地に沢山の歴史的建造物が移設あるいは作られているので、おそらく 1日がかりだと思います。タイの歴史をぎゅっと集約したような場所ですから。ちなみに、Ancient City はタイの大富豪が作ったもので、彼はエラワン博物館やパタヤの Sanctuary of Truth という奇妙な寺院も作っています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント