fc2ブログ
2018/01/20

ワット・テープシリン Wat Thep Sirin, Bangkok 王室の火葬場がある寺院

TM_DSC08306.jpg

ファランポン駅からクルン・カセーム運河沿いに北上し、屋外鉄道博物館とやらを見物して、タイ国鉄 SRT の本社まで歩いたときに近くに見つけた寺院です。鉄道博物館は見る価値無しです(笑)。装飾された古い客車が何台があるだけ。タイ国鉄本社には古い機関車の展示もあって、鉄道マニアなら一度くらいは行っても損はないかなぁ。

さて、話を寺院に戻して。。。
何の情報も無く、ただ近くに寺院が見えたので寄ってみました。ですが、あとで調べてみると由緒ある立派な王室寺院でした。ラーマ V世の命により建立されて、1878年に完成したとのことです。彼の母親 Queen Debsirindra に捧げるために Wat Debsirindrawas と名付けられたそうです。

本堂は大理石が張られた立派なものです。ドアと窓枠は漆塗りの金箔で装飾されていて、天井にも王室特有の豪華な装飾が施されています。また、多くの有名な仏像も祀られているそうです。

 
 

ラーマ V世は、この寺院に王室火葬場も作りました。昨年、前国王の葬儀が王宮前広場サナーム・ルアンに新たに壮大な火葬場を作って執り行われましたが、他の王室についてはそうもいきません。クルン・カセーム運河から見て寺院奥手に火葬場があり、王室や要人の火葬がそこで行われているのだそうです。寺院境内からは見ることができません。下調べしてなかったので、今回はその場に行く事はできませんでした。

境内には大変美しい仏塔もあります。敷地内は綺麗に整備されていて、寺院建築の美しさもあってさすが王室寺院といったかんじでしょうか。

 

運河道沿いには学校が併設されていて、寺院はその奥になります。細い道を入ると右手に宿舎らしい建物があり、寺院入り口は左手にあります。多くの建物は施錠されていて中に入ることができなかったのが残念です。

訪問したときはとにかく暑くて、先を急いでいたこともあり十分に時間をかけて見物することができませんでした。本堂横にはかなり広い広場もあるようなので、休憩がてらまた立ち寄りたいと思います。その際は、本堂内や外装、仏塔、ゲートらしき建物などをじっくり見て回りたい。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント