fc2ブログ
2018/01/14

古い iMac の OS を OS X 10.9 Mavericks にアップデートする

Mac の OS がアップデートすると動かないアプリが出てくることをよく経験しました。最新の macOS High Sierra にしてからも、MS Office や FileMaker Pro 12 などいくつかのアプリが正常に動かなくなり、泣く泣く最新のアプリを購入しました。昔から使っている古い便利なアクセサリー類も動かなくなったものがあります。ということで、うちには古い iMac を一台残しています。OS は OS X 10.8 Mountain Lion です。2011年に購入したときは 10.7 Lion だったので、一回だけアップデートしていました。

1macOS10_85.jpg
古い状態で保っていたかったのですが、OS のアップデートと共に古い OS では動かないアプリも出てきました。App Store で「このアプリは OS 10.XX 以降でしか動作しません」みたいな表示が出てダウンロードさえできません。

ということで、仕方なく OS X 10.10 Yosemite 位までアップデートすることにしました。App Store の普通の画面では Mavericks や Yosemite へのアップデートは出てきません。いきなり High Sierra にアップデートする画面しかありません。さて、どうするか。。。

「購入済み」にはダウンロードしたアプリの履歴が残っているのです。今では販売終了して表示されない Aperture なども履歴に残っているので再度ダウンロードすることができます。同じように OS についてもダウンロード履歴があれば再度インストールすることができるのです。

一気に OS X 10.10 Yosemite までアップデートしようとしましたが、これはダメでした。ダウンロードはできても「ファイルに不具合があって使えない」ようなメッセージがでてきました。気を取り直して OS X 10.9 Mavericks をダウンロードして実行すると、今度は難なくインストールすることができました。

1Mavericks.jpg
インストールには約1時間余り、問題なくアップデート完了です。

1macOS10_95.jpg
この状態からなら、おそらく Yosemite にもアップデートできると思います。

macOS と呼ばれ出したのは OS 10.12 Sierra(2016年)からです。Mavericks は 2013年の OS なのですが、デスクトップの見た目がかなり違いますね。High Sierra に慣れていると、ほんとに古くさく感じます。鮮やかなフォルダーアイコンにも慣れてしまったので、昔のフォルダーは暗い感じがします。

ところで、Mac の OS は 2001年から Mac OS X 10.xx と呼ばれるようになって、それぞれ名前が付いています。バージョン番号で呼ぶ方が直感的なのですけど。ちなみに、 Mac OS X 10.0 は Cheetah(2001年)でした。懐かしいです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント