FC2ブログ
2017/12/26

Macの不可視ファイル/フォルダを表示する方法

ユーザーが謝って操作してしまうと困るファイルやフォルダは、通常のファインダー操作では見えないようになっています。代表格は「ライブラリ」です。ここにはアプリの初期設定やシステムの重要なファイルが置かれていて、誤って操作すると最悪、起動しなくなることもあります。よって、ライブラリのフォルダー自体が「不可視フォルダ」になっています。とは言え、全く操作が必要ないかというと、アプリの不具合が起きた場合に、ライブラリにある初期設定ファイルを削除すると治ったりすることもあるので、ライブラリにアクセスする方法は必要なのです。

最も簡単な方法は、ファインダーで Option キーを押しながら「移動」を選択すること。Optionキーを押さないと「ライブラリ」は表示されません。

ライブラリ移動

常に「ユーザー/ライブラリ」を表示する設定にすることもできます。
ユーザーフォルダに移動して、右クリックで「表示オプションを表示」を開くと、真ん中あたりに「“ライブラリ”フォルダを表示」があるので、そこにチェックを入れます。他のフォルダで「表示オプションを表示」を見ても「“ライブラリ”フォルダを表示」は出てきません。

そして最後は、不可視ファイル、不可視フォルダを全て表示させる “魔法のショートカット”
実は、長年 Mac を使っていてもコレは知りませんでした。使う頻度はほとんど無いので無理もないことかもしれませんが・・・と、言い訳。

何故、これが必要になったかというと、Mac母体のユーザーライブラリを操作するなら、Option + 「移動」で何も困りません。けれど、TimeMachine でバックアップした別の Mac のシステムフォルダの中身は、この操作では見ることができないのです。もちろん「フォルダに移動」ウィンドウから適切にパスを入力すれば見ることできるのでしょうが、パス入力は滅茶苦茶面倒そうです。

TimeMachine で別の Mac のバックアップファイルを開き、その中のユーザーフォルダに移動して、
Command + Shift + [ .(ドット)] を同時に押すと・・・ 全部表示されます。

ライブラリフォルダ

薄く表示されているのが「不可視フォルダ」で、これをクリックすると中を見ることができます。必要なフォルダ/ファイルをコピーして、適切な場所に保存すれば完了です。

このショートカットを知っておけば、ファインダーから「ライブラリに移動」をしなくても、不可視ライブラリフォルダに入ることができます。便利と言えば便利です。多様は無用ですが。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント