fc2ブログ
2017/12/22

ワット・カンラヤナミット Wat Kanlayanamit Bangkok バンコク最大の仏像がある寺院

TM_DSC01023 HDR

ワット・カンラヤナミット Wat Kanlayanamit Woramahavihara は、チャオプラヤ川の西側、ワット・アルンの南に位置する第二級王室寺院です。バンコク・ヤイ運河を挟んでウッチャイプラシット砦 Wichai Prasit Fort の向かい側にあります。1825年、Chao Phraya Nikorn Bodin(Toh Kalayanamit)が敷地をラーマ3世に寄進して寺院が建立されました。ラーマ3世は、同時にプラ・ヴィハン・ルアン Phra Vihara Luang(仏像)とルアン・ポート Luang Pho To(主仏像)を建造しました。

この寺院の最大の見物はバンコクで最大と言われる巨大な仏像です。本堂と礼拝堂の間にひときわ高い仏堂があり、そこに安置されています。仏像だけをみるとその大きさはわかりませんが、写真に写っている人と比べると、その巨大さがよくわかります。また、鐘楼にはタイで最大の鐘が納められています。写真は、本堂 Ubosot と、続いて巨大仏像が納められた礼拝堂と仏像、鐘楼です。

 
 
 

私が訪れたときは、修復中のために本堂 Ubosot や鐘楼 Ho Rakan の全体像を見ることができませんでした。Pali仏教の経典を収めた仏教図書館 Hor Phra Tham Monthian Thaloeng Phrakiat もあるとのことでしたが、どの建物なのかわかりませんでした。寺院正面はチャオプラヤ川側を向いていて、正面入口は反対側にあります。(2017/11/16)

 

行き方は、フラワーマーケット近くの船着き場から寺院まで渡し船が出ています。小さな船なのでかなり揺れます。また、ワット・アルンからは約800mなので歩いて行ける距離です。地図通りに歩くと遠回りになります。ワット・カンラヤナミットの対岸にあるワット・モリーロカヤラーム Wat Moli Lokayaram を通って河口近くの Bangkok Yai Pumping Station の橋を通るのが近道です。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント