fc2ブログ
2017/12/17

ワット・ダブファイ Wat Dab Phai Chiang Mai 人々を苦しみから救ってくれる寺院

TM_DSC09833 HDR

この寺院は、以前、Wat Amphoe あるいは Wat Tung Amphoe と呼ばれていました。15世紀後半(1478年?)に建立されたと記載されている資料もありますが、正確なところはわかっていません。寺に伝わる話では、何世紀も前のこと、重症の人が Phra Chao Dab Phai という仏像に祈りを捧げて回復したことから、この寺院を建てたのだとか。この寺院に祀られている仏像には、人々を苦しみから救ってくれる力があると信じられています。

寺院自体は小さいですが、入口を入ると直ぐに礼拝堂 Viharn と鐘楼 Ho Rakan があります。仏塔 Chedi は礼拝堂の後ろにあって、本堂 Ubosot は仏塔の更に奥にあります。本堂は小さいので見逃してしまいそうです。私が訪れたときは、本堂の入口は閉まっていて中のご本尊を拝むことは出来ませんでした。数枚写真を撮ったつもりでしたが、なぜだか全てボケボケで、とてもここに掲載できる代物ではありません。夕方で少し暗かったこともあって、フォーカスが合わなかったのかもしれません。

礼拝堂の仏像は、背景の樹木(菩提樹?)とのコントラストが美しいです。また、壁に書かれた絵も見応えあります。礼拝堂の入口も、グリーン、ブルー、そしてゴールドの装飾が艶やかで美しいです。

TM_DSC09815 HDR TM_DSC09821 HDRTM_DSC09830 HDR

場所は城壁内の北西にあります。ワット・プラシンがある Singharat 通りですが、北側に約500m行った所にあるので観光コースからは外れています。大きな寺院ではありませんが、美しい礼拝堂と仏像、そして絵画は見る価値は十分あります。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント