2011/08/30

SamsungがAppleに対抗するためwebOSを購入するかも by AppleInsider

SamsungがHewlett-PackardからwebOSを買うことに興味を示しているという噂です。もちろん、これはハードウェアとソフトウェアを統合しているAppleの強みに直接的に対抗するためです。[AppleInsider]

今月初めにHPはPCビジネスから撤退するプランを発表しました。それに伴い、Palmにより開発されたwebOSをもスクラップにするということです。Samsungは当初よりHPのPCビジネスを買うのでは無いかという候補に上がっていました。

しかしながら、DigiTimesの新しいレポートによると、Samsungは利幅の小さいPCビジネスには興味を示していないものの、webOSについては購入を考慮していると伝えています。もちろん、SamsungもHPもこのことは否定していますが。

OSを手に入れて、Appleに対抗することも一つの可能性としてありますが、もしもSamsungがwebOSを購入すれば、それはGoogleにも対抗することになりかねません。

今月初め、GoogleはMotorola Mobilityの買収を発表しました。これにより、GoogleはMotorolaの豊富な特許をにアクセスできるだけ無く、Motorolaの持つAndroidベースのハードウェアも手に入れることになります。SamsungもAndroid端末を製造していますので、GoogleがMotorolaを購入したことは脅威に感じているはずです。そのため、Samsungが自社製品を差別化するためにスマートフォンのOSを物色しているのではないかと言われました。

AppleとGoogleという巨人が、急激に成長するスマートフォン、タブレット市場において、ハードとソフトの両面を統合する戦略に出ている中、Samsungはどう対抗するのでしょう。やはり、HPからwebOSを買って、Windows-base PCビジネスを強化して差別化をはかる戦略に出るのかもしれませんね。
関連記事

コメント

非公開コメント