fc2ブログ
2017/12/03

Mac 写真App やっぱり使えない

写真App

以前にも何度か Mac 写真Appについて書きました。良い点もあるし悪い点もあって慣れるしかないのかなぁと思っていた時期もありますが、現時点では撮りためた写真を管理するマスターアプリとしては使えないと考えています。


まず、良い点・・というか、何故このアプリにこだわり諦めきれないのか(笑)。個々については「Mac 写真Appの良い点、悪い点」に書いたので、そちらを参照してください。

突き詰めると、iCloudフォトによる写真の同期しかないのかも。編集ツールが使える拡張性は Adobe Lightroom の方が上なので、Apple 純正の Aperture(開発・サポート終了)に比べると写真App の方が便利というだけです。細かいこと言うと GPS情報付き写真にバッジが付くのは有り難い。

決定的に使えないと思った理由は、かなり深刻です。

まず、参照ファイルとして読み込んでると、かなり頻繁にリンクが切れて写真を開けなくなること。

写真アプリのアラート

オリジナルを検索しても何も起こりません。よって、アプリを再起動するしか回復しないのです。さだかではないけれど、HDD が一度スリープモードに入るとダメみたいです。SSD なら大丈夫なのかも・・なんて思ったりしています。

もう一つ困った点は、トリミングで勝手に画像がズームされること。操作途中でも容赦なくズームしてしまうので拡大しようとすると結構面倒です。リセットしてやり直すしかない。さらに、非力な iMac だからなのか、この操作の途中でアプリが落ちてしまうことがたまにあります。Option + Command + ESC を押しても強制終了できない。iMac 自体を再起動するしか方法がないのです。

純正アプリという安心感はあるものの、安定性は非常に悪いです。まぁ、無料アプリだし、そのうち改良されていくのかもしれません。写真編集ツールがわかりやすく使いやすいのは気に入っているのだけど。。。iCloud を使って全てのデバイスに同期して、Apple TV などで見せるためのアプリと考えれば悪くはないです。このアプリに全ての写真と動画を管理させよう・・・なんてこと考える方が間違っているのですね、きっと。

にしても、Aperture は完成度高くてほんとに優れたアプリです。64 bit アプリなので、まだ当分は使えることを期待しています。(以前から使用していた Plug In は使えなくなりました)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント