fc2ブログ
2017/11/30

ワット・ロックモーリー Wat Lok Molee Chiang Mai 大きなチェディで有名

TM_DSC09767_8_9_HDR.jpg

ワット・ロックモーリーはクナ王(1355 - 1385)の時代に、ビルマからの僧を招くために建立されたと言われています。場所は城壁の直ぐ北側です。1527年に建てられた大きな仏塔 Chedi は城壁に沿って走る道路からも見ることができます。1527年、ランナー王国のケウ王 Kaew あるいは Mueangkaew は仏塔とお堂をこの地に建設する命を出しました。 次の王であるケト王 Ket あるいは Muangketklao が1545年に暗殺されたあと、その遺灰は仏塔に納められました。ランナー王国を作ったマンラーイ王の流れをくむ最後の国王となったウィスティテウィ女王 Wisutthithewi(1565–1578)の遺灰も同じ仏塔に納められています。古い仏塔ですが、四方に仏像が祀られて良く整備されています。

TM_DSC09781_2_3_HDR.jpg

仏塔の直ぐ横に立つお堂はチーク材を使った趣のある建物です。柱や壁などに凝った装飾がされています。内部、天井の装飾も美しいです。

TM_DSC09758_59_60_HDR.jpg TM_DSC09764_5_6_HDR.jpgTM_DSC09770_1_2_HDR.jpg TM_DSC09784_5_6_HDR.jpgTM_DSC09790_1_2_HDR.jpg TM_DSC09776.jpg

王家の遺灰が納められていることから、ランナー王朝の時代にはこの寺院はおそらく王室寺院だったと思われます。ガイドブックにもほとんど載っていない寺院ですが、チェンマイの中でも歴史ある寺院の一つです。タイ国政府観光庁が発行している「チェンマイ」のガイドブックの表紙に、ワット・ロックモーリーの仏塔とお堂の屋根部分が使われています。

チェンマイ観光 1日半の寺院巡り(チェンマイ寺院マップ)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ランキングから伺いました。
綺麗なところですね。
空気感がとても素敵な画像で、見てるだけで行ってみたくなります。
お一人で旅されることが多いんでしょうか?
他の記事も拝見させてください。

応援しました!

Re: No title

ヨッシーさん

コメント有り難うございました。
書き込んでいただいたのに気づかずに、返信が遅れて申し訳ありません。

最近、タイの寺院に少々ハマってまして、
ブログを書きながら、また行きたくなる。。。と言う感じで何度も訪タイしています。
金ピカに修復された寺院は美しくて圧倒されますが、
私はどちらかというと、少し古ぼけて趣のある寺院の方が好きです。
まだまだタイには行ってみたい寺院が沢山あるので、
今後も機会をみて行く事にしています。

寺院巡りは時間の制約があると難しい。
満足した旅にならなくて、また行かなくちゃ・・・と言う気分になります。
気に入れば2時間くらい滞在することもありますから。
時間を自由に使えるということで、私は一人旅専門です。(笑)

> ランキングから伺いました。
> 綺麗なところですね。
> 空気感がとても素敵な画像で、見てるだけで行ってみたくなります。
> お一人で旅されることが多いんでしょうか?
> 他の記事も拝見させてください。
>
> 応援しました!