fc2ブログ
2017/11/21

大きな黄金の仏座像が目印 ワット・ムンムアン Wat Mung Muang Chiang Rai

TM_DSC08952.jpg

ワット・ムンムアンは公営市場の直ぐ隣にあります。境内の案内板によると、この寺院はチェンライができる前からあったと言われているそうです。また、チェンライの屋根のような存在で、市民から深い信仰を集めています。市場を出ると、大きな黄金の仏像があります。高さは6mもあるそうで、Phra Sang Kad Jai と名付けられ、富と繁栄をもたらすとされています。

TM_DSC08993.jpg

本堂の周りには、通常は聖石が置かれている場所に傘を持った立像が8体あるのが特徴的です。また、三つの頭を持つナーガもなかなか豪快です。

TM_DSC08966.jpg

Phra Chao Song Sri と名付けられているご本尊は、チェンライ市民から最も神聖で崇拝すべき仏像としてあがめられています。立派な仏塔は本堂の直ぐ後ろにあります。

TM_DSC08981.jpg

公営市場が寺院を取り囲むようにあります。見逃してしまいそうな寺院ですが、チェンライで最も古く、そして由緒ある寺院なので、市場散策のあとに是非足を運ぶべきだと思います。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント