fc2ブログ
2017/11/18

メーンライ王の遺灰を収めた仏塔がある ワット・ドイガムムアン Wat Doi Ngam Muang Chiang Rai

TM_DSC09240.jpg

ワット・ドイトンからチェンライ市街地に戻る途中にワット・ドイガムムアンに寄りました。距離では800m程度ですが、下り阪と上り坂なのでゆっくり歩いて約20分ほどかかりました。人通りの無い細い道に犬が居たりするので、ちょっと怖い感じはします。経験的に、大きな犬は比較的ゆったりしていて危険はなさそうですが、小さい犬は吠えて向かってくることもあります。縄張りというか、その場所を通り過ぎると追ってくることはありませんでしたが。

寺院は小高い丘の上にあります。入口では大きなナーガが出迎えてくれます。階段を上がって立派な門をくぐると、すぐ前に仏堂があります。階段を上るのが近道ですが、右側に車が通れる道もあります。

ワット・ドイガムムアンの見所は、チェンライでは珍しい古い仏塔 Chedi です。Ku Phra Chao Mengraiと名付けられた仏塔は、ランナー王国の創始者メーンライ王の遺灰が収められており、王の死後、息子により1317年に建立されました。仏塔の前にはメーンライ王の像が祀られています。

TM_DSC09255.jpg

仏堂 Vihan は正面から見るとどれも同じに見えます。中には大きな仏像がまつられていましたが、入口に柵があり、更に仏像の前にも金網があって間近で見ることはできませんでした。まるで仏像が檻に入れられているかのよう・・・、ですが、おそらく盗難や破損を防止するためなのでしょう。参拝客も少なく見張るものも居ないので致し方ないですね。

TM_DSC09261.jpg TM_DSC09270.jpg

仏堂などの建造物は何度も修復されており、1952年に最後の修復が行われました。仏塔がおそらく昔のままに残されているのは有り難いです。ワット・プラケオからは400mほどなので、行ってみる価値は十分にあります。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント