fc2ブログ
2017/11/18

ワット・プラタート ドイ チョム トン Wat Phrathat Doi Chom Thong チェンライの原点にある寺院

TM_DSC09207.jpg

ワット・プラタート ドイ チョム トンはチェンライ市街地から北西方向の小高い丘の上にあります。1260年、迷い込んだ象を探しにメーンライ王がこの地にたどり着いたとき、周りの景色が余りにも美しかったため、ここに新しい都チェンライを作ることにしたと伝えられています。現地の案内板には Wat Doi Tong (堆通寺)と表記されています。また、寺院に上る通りは Doi Thong Road (金山路)と言います。この寺院の場所を中心としてコック川辺りまで城壁が築かれて、チェンライの町が誕生しました。寺院の直ぐ横には Navel City Pillar (市の守護神をまつるための柱)が1988年に作られました。

ワット・プラケオから Trairat Rd を北に進み、大きくカーブしてから約600m進むとDoi Thong Rd(金山路)があります。緩やかな坂道を 100mほど進むと右手に約100段ほどの長い階段があり、そこを上ったところにワット・ドイトンはあります。この辺りもチェンライの他の地域と同じく、犬が多いので注意が必要です。私が行ったときも、階段の上で犬が待ち構えていてちょっと身構えてしまいました。ですが、階段を上ったところには出店がいくつかあって人も居るので、そのような場所に居る犬は野犬とは違うので安心できます。

TM_DSC09198.jpg

古い階段を上りながら少しだけ期待しましたが、残念ながらこの寺院も作りは新しく美しいです。一部改装中でしたが、どう見ても純粋なランナー様式ではなさそうです。由緒ある場所の寺院にしては、ちょっとショボイ仏像と、金ぴかの仏塔だけが目立っていました。この仏塔はチェンマイにある有名なワット・ドイステップと同様なランナー王朝全盛期の形なのだそうです。

TM_DSC09236.jpg TM_DSC09215.jpg
TM_DSC09235.jpg

寺院の直ぐ横には Navel City Pillar があります。小さな階段を上がると直ぐ目の前です。

TM_DSC09220.jpg TM_DSC09226.jpg

108本の柱が立っており、中央部には 5本の少しだけ大きな柱があります。これはメーンライ王と同じ身長なのだとか。わりと小柄だったようです。

多くの場合、City Pillar は City Pillar Shrine として寺院建築の中に収められていますが、ここは野ざらしで珍しいです。訪れたとき、地元の小学生くらいの子供達が見学していて賑やかでしたが、観光客はほぼ居なかったです。森林に囲まれた中にあるので、一人では真昼でないとちょっと怖い雰囲気でした。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント