fc2ブログ
2017/11/09

チェンライ観光1日目 とりあえずタクシー使ってワット・ロンクン(白い寺院)へ

TM_DSC08647.jpg

ワット・ロンクン Wat Rong Khumは、 チェンライ観光では外せない観光地です。ワット(寺院)と言っていますが、お坊さんは居ないので本当の寺院とは言えないのかもしれません。見た目のインパクトが強いので、一度は見ておいて損は無いです(笑)。また行くか・・・というと、まずあり得ないでしょう。

TM_DSC08666.jpg

チェンライ出身のアーティスト、チャルーンチャイ・コーシピパットさんがが仏教や神話をモチーフにデザインした白亜の寺院建築です。この方、チェンライ中心部のクロックタワーなどもデザインしています。ほとんどの建物は白ですが、一部、金色の建物もあります。近くに行ってみたら、それはトイレでした(開いてませんでしたが)。観光ガイドなどでは白い寺院の美しさだけが取り上げられていますが、実際に間近で見てみるとかなりグロテスクです。

TM_DSC08680.jpg

こちらがトイレ。
TM_DSC08720.jpg

本堂と言える一番大きな建物の中には仏像があります。ここ、内部は写真撮影禁止ということで、係員が見張っていました。多くの寺院では撮影できるのに・・・。バンコクのワット・プラケオのエメラルド仏像は撮影禁止と言われれば納得できるけど、ここで撮影禁止??? 他にも撮影禁止と言われた経験のある場所は、バンコクのエラワンミュージアムの仏像を設置している場所。本当の寺院じゃ無いのに、仏像を撮影禁止って・・・。まぁ、文句言う理由も無いのでカメラをしまって。。。でも、iPhone のビデオは胸のポケットで動いてたんですよね。綺麗には撮れてませんでしたけど。

本堂内部の仏様。宗教心のかけらもない筆者にとっては、「え? これだけ?」と、全く有り難さを感じませんでした。後ろの大きな仏様は “絵” ですしね。

TM_内部 (1)

面白かったのは次の写真。こういうジョーク的なところは好きですね。気が利いてて良い。(笑)

TM_DSC08738.jpg

滞在時間 35分でした。入場料は 50バーツ。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント