2011/08/27

British AirwaysではキャビンアテンダントにiPadを

ユナイテッド航空がパイロット用に iPad を採用したことを書きましたが、今度は、英国航空が顧客サービスの向上のためにキャビンアテンダント用に iPad をテスト中だとのことです。[MacRumors.com]

United Airlinesがパイロット向けに11,000台のiPad採用へ

それぞれのお客様がどのシートに居るのか、誰と一緒なのか、マイレージのステータス、食事のリクエストなど、顧客に関する情報を全て出発直前に iPad に詰め込むのだそうです。もちろん、安全マニュアルやタイムテーブル、最新の顧客サービスマニュアルなども iPad に入れて持ち込めるわけです。まずは、100人のキャビンアテンダントから数ヶ月に渡ってテストをするそうです。

顧客情報を全て iPad に入れて携帯する・・・ということは、ステータスの高い人にはより良いサービスを、そうでない人にはそれなりに。。。と言った可能性もあるわけです。今は、顧客名簿のようなメモを見ながら、わざわざ「●●様、いつもご利用ありがとうございます」などと挨拶に来てくれることあるのだけど、アレいらない。今後は iPad を片手にキャビンアテンダントが客席を回る時代が来るのでしょうかね。

日本の航空業界は、こういう先進技術?に対して、何となく大人しいというか、遅れてる感じもします。

MacRumors iPhone and iPad Blog_ Apps, News, and Rumors


関連記事

コメント

非公開コメント