2011/08/26

Xilisoft 究極DVDリッピング6を使ってみた

Xilissoftは動画変換などの様々なアプリを販売しており、前にもVideo Converter(動画変換)6 について使用した感想を書きました。マルチコアのCPUを搭載したMacでは、そのパフォーマンスを最大に発揮できるので、うちでは動画変換には欠かせないアプリの一つになっています。

Xilisoft HD Video Converter 6 による動画変換

今回、以前紹介したVideo Converterの上位バージョンである Video Converter Ultimate(究極動画変換)とバンドルで究極DVDリッピングを購入したので、使用感をまとめます。

Xilisoft究極DVDリッピング

アプリを立ち上げたところは、究極動画変換とほぼ同じです。異なるところと言えば、ファイルを開くアイコンがDVDになっていることくらい。

Xilisoft究極DVDリッピング画面

操作性も全く同じで、「ハサミ」アイコンをクリックするとクリッピングができます。1枚のDVDから複数のクリッピング操作を行い、それらを連続してつなぎ合わせたファイルを出力もできるので、結果的に不要な部分をカットしたファイルとして書き出すことができます。そのほか、画面の上下を切り取ったり、必要な部分だけを切り取るクロッピングもできますし、ウォーターマークの追加などの効果を入れて編集できるので、必要な機能はほとんど持っていると言って良いです。これは、究極動画変換(Video Converter Ultimate)も全く同じです。

最近の多くのDVDは、855 x 480p 動画をスクイーズ方式で 720 x 480p に圧縮して収録しています。ワイド画面のテレビでは、このスクイーズ信号を検知して 16:9 に横に引き延ばして再生しているわけです。昔のDVDには、横方向の圧縮(スクイーズ)無しに 720 x 480p の中に 16:9 ワイド動画を記録しているため、画質が劣るものもあります。

まず、プロフィールの選択で、Apple TV を選んでみました。そしたら、残念。855 x 480 出力が選択できません。色々と探してみたところ、Androidの項目に 855 x 480 出力形式がありました。動画サイズを自由に選択できないのはちょっと腑に落ちません。でも、まぁ、オリジナルのプリセットを使わずに、自分好みのプリセットを作ってしまえば良いので特に問題はありません。

“普通”のDVDの場合は何の問題も無くリッピング可能でした。
けれども、最近のDVDの中には、ARccOS というやっかいなプロテクトをかけているものがあり、残念ながらリッピングは不可です。他の記事で書いた方法でないと、そういったDVDは直接リッピングできません。

DVD (ARccOS) のリッピング

画質については、RippingしたVOBファイルを HandBrake.m4v に変換して比較してみたところ、これまた残念。HandBrake で変換した方が明らかにシャギーが少ない綺麗な動画を作ることができました。HandBrakeにはインターレースを埋めたりオプションが色々とあるので、より綺麗な動画に変換することができるようです。

ということで、残念ながら、うちではこのアプリ、お払い箱になっています。なぜなら、リッピングできないDVDがあること、画質が少し悪いこと、Video Converterで全て同じ操作ができることなど、出番がないからです。

バンドルで安かったから買ったわけですが、結果的にいらないモノを買ってしまい、ちょっと後悔しています。

ちなみに、Xilisoftは英語サイトと日本語サイトがあります。どちらでも全く同じアプリを販売していますが、昨今の円高を考えると、英語サイトで購入した方が安いです。ドル建てではなく、ちゃんと円換算した金額で購入できます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント