fc2ブログ
2017/10/26

サーンチャオ・クワーントゥン(広東寺)Canton Shrine - チャイナタウンにある幸福をもたらす寺

TM_DSC06272.jpg
以前は、この中央の門に「福」と書かれた “のれん?” があったようです。

広東寺 Canton Shrine は、タイ国鉄ファランポン駅からチャロンクルン通りをチャイナタウン方向に歩いて行くと右手にあります。小さな寺ですが、派手な装飾の門があるのですぐにわかります。入口の門をくぐり、正面の建物の両脇から中に入ることができます。ここはパワースポットとしても人気があり、幸福と富の他に学問にもご利益があると言われています。

チャクリー王朝になってからも中国南部の広東省や福建省、海南から中国移民が大勢バンコクにやってきました。彼らはこの地に多くの集落を作り、寺院や祠を建立しました。広東寺もその一つで、1880年頃に建立されました。この寺の装飾品、石柱、石造りの獅子の彫刻、屋根のレンガなどは、全て中国から取り寄せられたそうです。

TM_DSC06273.jpg TM_DSC06275.jpg

以前は正面建物の真ん中に「福」と書かれた赤い門があったようですが、私が訪れたときは「福」の文字はありませんでした。タイ国政府観光庁のWebによると、“「ホッ」と言いながら「福」と書かれた赤い門をくぐると、「幸福と富がもたらされる」と伝えられています。” と書かれています。

100年以上の歴史ある寺ですが、見た感じは大変新しいです。最近になって修復・改築されたのではないでしょうか。有名なワット・マンコン・カマラワート(龍蓮寺)に行く途中なので、ちょっと立ち寄ってみると良いです。

TM_DSC06277.jpg
寺側からチャロンクルン通り方向を撮影


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント