fc2ブログ
2017/10/13

Mac Affinity Photo を使って失敗写真をよみがえらせる

旅行から戻って写真を見てみたらガッカリ・・なんてことありませんか?
iPhone はじめ最近のデジカメは賢くて、オートモードで撮ると失敗はほとんどありません。ですが、落とし穴は ISO 感度の設定です。私が持っている一眼レフの場合は、製品評価コメントにも指摘されてましたが、ISO感度設定ダイアルが回りやすいのです。オートモードに設定していても ISO感度は自由に設定できてしまいます。バッグから取り出して直ぐに写真を撮ると、いつの間にか ISO感度設定が + とか - 側になっていることを度々経験しました。

次の画像のような失敗写真は Mac写真アプリの自動補正では対応できません。
TM_Test_01.jpg 

写真アプリの自動補正ではここまで
TM_Test_02.jpg 
写真アプリから Affinity Haze Removal を開いて修正すると・・・
TM_Test_03.jpg

完成写真は次の通り
TM_Test_04.jpg 
これまではどうしていたかというと、レベルをググッといじって修正していました。もちろん、これでも十分と言えば十分なのですが、実際に目で見た時の印象は遠景まではっきり見えていた記憶なので、Haze Removal(かすみ除去)をかけた方が綺麗に見えます。

ちなみに、レベル補正のみだと次の通り
TM_Test_06.jpg 
ヒストグラムを見てもらうと、Haze Removal の方がスムーズな感じがします。
何がベストかというと、多分ですが、ある程度レベル補正をかけた後に Haze Removal 処理するのがいいかもしれません。

いずれにしろ、Affinity PhotoHaze Removal だけで写真を一発修正できるのは素晴らしいです。 


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント