fc2ブログ
2017/10/12

Affinity Photo や Photoshop CC 2017 で写真のかすみを除去する

旅先で写真を撮るときは、いつもクリアに晴れ上がった絶好の天気とは限りません。また、遠くの景色はどうしてもかすんで見えます。人間の目は頭の中で補正しているから綺麗に見えていても、写真に撮ってみるとくすんでいてガッカリすることも多いです。

最新版の PhotoshopAffinity Photo を使うと、これらの “かすみ” を除去することができます。画像処理なので、除去というより軽減ですけど。たとえば、次の写真では奥の滝がかすんで見えています。実際に見た時は滝がくっきり見えていた・・・と思っていたのですが、写真は正直です。

Taki Original 
これを Photoshop CC 2017 のフィルター「Camera Raw Filter」の「fx」でかすみの除去を行うと、次のように奥の滝がくっきりします。Photoshop のかすみ除去では、画面全体が処理されているようで、色合いが若干変わってしまいます。「基本補正」を合わせて使うと、色かぶりを修正することができます。Photoshop は細かい補正が色々とできるので、まさにプロ仕様ですね。

Taki Photoshop

Affinity Photo にも同様な「かすみ除去」機能があります。設定する項目は「距離」「強度」そして「露出」のみで、結果を見比べながら調整できるので便利です。(次の写真)

Taki Affinity

色合いはほとんど変わっていませんが、なんとなく全体的にのっぺりして奥行き感がなくなったような感じがします。Affinity Photo だと、前面(色がくっきりしている部分、通常は写真の下部分)に補正をかけずに  奥の方(通常は写真の上部分)にだけかすみ除去効果をかけているようです。「距離」を変更すると、写真の下側から上側に向かって効果が現れている様子を見ることができます。この滝の写真では両側に木々がありますので、その部分はほとんど変化せずに、真ん中の滝の部分だけがくっきりしています。

効果はどちらも大きく変わりませんが、使いやすさと Apple 純正の写真アプリの機能拡張として呼び出して使える便利さから Affinity Photo の方がお薦めです。写真アプリの中で処理されるので、いつでもオリジナルに戻すこともできます。

効果は同じようでも修正アルゴリズムは全く違うのでしょう。Photoshop の方だと次のような使い方もできます。写真全体がくっきりするので、色鮮やかな料理などはより美味しく見えますね。Affinity Photo だとこうはなりません。

Food Original Food Photoshop

こちらもどうぞ。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント