fc2ブログ
2017/10/11

Macの動画プレイヤーは何が良いか

Apple Icon Video 
Macには QuickTime という素晴らしい純正プレイヤーがあります。ただ、Appleのポリシーに沿わないフォーマットは再生できない・・という難点もあるわけです。たとえば、Windows標準の .wmv ファイルは持っての他ということです。(笑)

動画形式には色々とありますが、代表的なのは Mac なら .mov、Windows なら .wmv、DVDやBluRayで採用されている .ts /.m2ts、汎用性がある .mp4 などです。動画形式と言っているのは、これらのファイルは実はコンテナのようになっていて、コーデックされた映像と音声が含まれています。コーデックの方式には、映像なら H.264 や MPEG-4、WMV9、Xvid などがあり、音声コーデックには AAC, MP3, LPCM, WMA などがあります。macOS High Sierra からは、圧縮率に優れた H.265 コーデックがデフォルト対応になりました。

QuickTime さえあれば動画再生で困ることは普通ありません。けれど、上記の動画形式のうち .wmv や .ts/.m2ts ファイルには対応していません。したがって、これらを再生したいときはサードパーティー製アプリを使うしかありません。汎用性があって代表的なのは VLC Player です。対応フォーマットが多く、iPhone/iPad や Apple TV 用もあるので必須アプリの一つです。しかも無料です。

もう一つ良さそうなのは Elmedia Video Player です。こちらも VLC Player 同様に多くのフォーマットに対応しています。最新バージョンの 6.8 では、AirPlay にも対応して Apple TV に直接出力できるようになっています。ですが、残念なことに有料版のみ、しかも、無料版で Apple TV 4K に出力して少し試した限りでは 1080p でしか再生されませんでした。(1分間のみ試すことができて、その後、有料版の購入を促されます)

Player_Comparison.jpg

.ts や .m2ts ファイルは DVD や BluRay をリッピングしたときに必ず出てくる動画形式なので、これらが再生できないとちょっと困ります。そんな時に役立つのが VLC Player だったり Elmedia Video Player なのです。Appleは、以前から DVD/BluRay ディスクのビデオは無視して、動画はネットワーク経由の配信しか考えてなかったから当然と言えば当然でしょう。(当時はディスクの全盛期、ネット経由の動画・音楽配信が主流になっていくはずだと考えた Apple は・・というか、Jobs は凄いです。10年以上経ったいま、時代はまさにそう進んできています)

.ts/.m2ts ファイルを .mp4 に変換して QuickTime で見る手もあります。面倒で時間はかかりますが、QuickTime の優れた機能を使えるようになります。これも定番アプリがあって、 HandBrake です。最新版はバージョン 1.0.7 です。様々な設定ができるので一見面倒ですが、一度設定を決めてしまえば楽です。特に、1080i で撮られたビデオやTV 録画をリッピングファイルの場合は「デインターレース」の設定は必須です。

結論として、QuickTimeは Apple純正だけあって最強です。再生できないフォーマットのときだけ VLC を使うのが現実的でしょう。頻繁に見るファイルなら、時間があるときに mp4 に変換しておくのも手です。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント