FC2ブログ
2017/10/03

iMac - macOS High Sierra アップデート後の不具合(2)セーフモード起動で解決

mac-sierra-homescreen-1.jpg 

iMac が時々起動しない」「iTunesが終了できない」ことを前回書きましたが、状況は更に悪くなってきました。iMac起動については、電源ボタンを気持ち長く押すことで、起動する頻度が高まりましたが、これって、なんだか“おまじない”みたいなものですよね。コツがわかってきただけで、再現性とか理由は全くわかりません。


一昨日、Google Drive や Default Folder が動いてないことに気付きました。「設定」の「ユーザーとグループ」で、ログイン項目を見てみたら・・・全部消えてる! 何故だ! どうして???

最低限必要なものだけ手動で追加して、Google Drive, Default Folder は使えるようにしたのですが、その夜、大きな問題が発生しました。iMac が終了できない!
「Ctrl + Command + Eject」でも、ファイルメニューから「システム終了」を選択しても何も起きません。電源ボタン長押しで強制終了すると何が起こるかわからないので、とりあえずは様子見で iMac を ON にしたまままにしていました。もちろん、Command + Option + Esc で起動中のアプリを見ても全て終了しています。

終了できなくなって今日で三日目。さすがにヤバいだろうということで、ユーティリティーフォルダーにあるターミナルから強制終了してみることに。ターミナルからの Shut Down 方法は次の通り。
sudo shutdown -h now
以上を入力してリターンすると、パスワードを聞いてきます。パスワードは入力しても何も表示されません。なんとか、無事にシャットダウンすることができました

Terminal_Shutdown.jpg 

続いて、セーフモードで立ち上げてみます。Macをセーフモードで起動すると、起動ディスクのディレクトリが自動的に検証・修復されるとのことです。その辺は Apple のサポートページに詳しく書かれています。「セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける
Sift キーを押し続けて Mac を起動させます。ログイン画面が出てくるまで、キーを押し続けて待ちます。ログイン画面で普通にパスワードを入力してログインが終われば起動完了です。メニューから「再起動」を選択して再起動するのを待ちます。

無事に起動したら、iMac が終了できるかどうか試してみました。なんということでしょう。。。三日間も寝てなかった iMac が、サクッと終了しました。もちろん、その後、起動も問題ありません。さらに、終了しなかった iTunes も Ctrl + Q で終了できるようになりました。

と言うことで、問題解決!
もちろん、まだ不可解なことはあるので、いつまた不具合が起きるかわかりませんが、現時点で気になっていた問題はとりあえず解決しました。 ふぅ〜


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです