FC2ブログ
2017/09/30

チェンマイの誕生と共に建立された古い寺院 ワット・チェンマン Wat Chieng Mun

TM_9912 ChiangMai_026 
1999年撮影

タイ第二の都市チェンマイは、ランナー王朝を建国したマンラーイ王 Mungrai がその首都として1296年に築いた町です。チェンマイ Chiang Mai とは「新しい都城」を意味し、「北方のバラ」とも言われています。ワット・チェンマン Wat Chieng Mun は、ランナー王朝の名残を残すチェンマイ旧市街の城壁の中にあります。Wat Chiang Mun と表記されているものもありますが、寺院標識には Wat Chieng Mun と書かれています。

TM_9912 ChiangMai_015 

マンラーイ王は、チェンマイを造成するにあたって、元々郡の駐屯地を兼ねた離宮の一つ Wiang Lek(Wiang Chieng Munとも呼ばれる)のあった場所に王宮を築き、その敷地内にチェンマイ最初の寺院を建立しました。それがワット・チェンマンです。建立はチェンマイの造成と同じ1296年とされています。

TM_9912 ChiangMai_016 

この寺院で有名なのは四方をゾウの像に取り囲まれた仏塔 Chang Lom で、そこには釈尊の髪舎利が納められています。また、本堂(旧本堂)には、タイで聖なる仏像と言われる白水晶で作られたSetangamani仏像(Phra Keo Khao とも呼ばれる)と石板像(Phra Sila)の2体が安置されています。ちなみに、他に聖なる仏像とされるものは、ワット・チェンマンからほど近い王室一級寺院の一つワット・プラシン Wat Phra Singh に安置されているシヒン仏像(獅子仏)と、バンコクのワット・プラケオ Wat Phra Kaeo (Wat Phra Sri Rattana Satsadaram) にあるエメラルド仏像の4体のみです。Phra Kaeo(エメラルド仏像)はタイの守護神として安置されているのは有名です。

TM_9912 ChiangMai_021 TM_9912 ChiangMai_022

Setangamani仏像と石板像は、中央に少しだけ見えるガラス張りの格子付き厨子の中に並べて安置されています。

Setangamani仏像:あらゆる危険を防ぐ守護力を持つとされる。
Phra Sila(石板像):生命の蘇生と再生する力があり、雨を降らすことができる。チェンマイのソンクラーンで重要な役割をはたす。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント