FC2ブログ
2017/09/29

macOS High Sierra にアップデート後の不具合について

mac-sierra-homescreen-1.jpg 
今回のアップデート、大幅な機能変更があったわりには比較的安定しているように思います。それでも、ネット検索してみると様々な不具合が起こっているようですね。


私の iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) で起こっている不具合は次の通り。再現性がなかなか取れないので、何が悪いのか、本当にバグなのか、良くわからない部分はあります。

1. iMac が時々起動しない。
これは痛いです。毎回ではないですが、起動ボタンを押しても全く反応しません。何度か押してると起動します。試しに、起動ボタンを長押ししても何も起こらず、その後に起動できたときは「問題が発生したため終了しました」みたいなアラートが表示されます。このまま、本当に起動しなくなったらどうしよう・・・と不安を抱えながら毎日起動しています。昨日は一発起動でしたが、今日は5回目くらいでやっと起動。持ち主に似てきたのか、気まぐれ度、半端なくなってきました(笑)

ちなみに、MacBook Pro では、この症状は全くありません。

2. iTunes が終了できない。
かなりの頻度で起こります。何となくですが、デバイスと同期作業中だったり、同期作業を中断した後だと iTunes が終了してくれません。おそらく、バックグラウンドで何か処理してるのかもしれません。忘れた頃に iTunes が落ちていることもあるので。Option + Command + esc による強制終了はいつでもできます。

3. Trackpad が切断されました・・とアラートが出る。
起動時など、Trackpadは繋がっているにも関わらず、「切断されました」と表示されます。これは、ほぼ毎回かなぁ。

4. アプリについて
予想に反して、32bitアプリも特に大きな不具合なく動いています。
とっくにサポートが終了した FileMaker Pro 12 ですら動きます。ただ、ファイルをクリックして開くとほぼ確実に落ちますが、アプリを立ち上げてからファイルを開くと使えます。難しい作業はさせてなくてデータ倉庫としてしか使ってないので問題は見えてないのかもしれません。
ちなみに、Bento も何事も無かったかのように普通に動作しています。

Adobe Photoshop CC 2017 の起動が速くなった。理由不明ですが、以前が遅すぎた(Win版と比較して)のだと思います。

Safari, Chrom, Opera とも体感上、動作速度の低下はありません。
全般的な動作速度も、顕著な低下はありません。

こんな感じです。1 と 3 については、昔から伝わる Macのおまじない(PRAMクリア)で改善するかもしれません。Command + Option + P + R を同時押しで再起動ですね。

SMCリセット(システム管理コントローラー)という手もありますが、これで何かが解決した経験は過去に一度もありません。(笑)iMacなら、電源コードをしばらく外してから再起動です。

まだ色々と不具合は出てくるかもしれません。ぼちぼちアップデートされていけば良いかな。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント