fc2ブログ
2017/09/27

巨大なピンクのガネーシャ(1)Wat Phrong Akat

TM_DSC06652.jpg 

ガネーシャとはヒンドゥー教の神の一柱で、片方の牙が折れた象の頭、太鼓腹の人間の身体そして4本の腕を持っています。障害を取り去ったり財産をもたらすとされることから商業や学問の神と言われています。バンコク近郊の巨大ガネーシャは三体。パワースポットとしても人気があります。

ピンクガネーシャ 

寝転んだ姿の巨大ピンクガネーシャは良く知られていますが、今回紹介するのは座ったガネーシャです。Wat Phrong Akatは、スワンナプーム国際空港から約60Km、車で1時間くらいの場所にあります。車で走っていると、何も無い畑に突然、黄金の仏塔が見えてきます。その脇にお目当てのガネーシャがあります。

TM_DSC06634.jpg 

ここのガネーシャは2016年頃に完成したようで、まだツアーにも含まれてなくて余り知られていません。何故こんな場所に・・・という疑問はありますが、一見する価値はあります。

TM_DSC06646.jpg 

車の大きさから、その巨大さがわかりますが、高さはなんと49mもあるそうです。本堂はインド系寺院だけあって丸みがあり金色でなかなか美しいです。内部はぱっと見ただけですが、普通だったかな(笑)

TM_DSC06645.jpg 
TM_DSC06658.jpg TM_DSC06661.jpg

有名な Wat Saman の “寝そべった巨大ピンクガネーシャ” はここから約20Km離れた場所にあります。スワンナプーム国際空港からさほど遠くないので、両方まとめて訪問してみてはどうでしょうか。話のネタにはなります。(笑)


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント