fc2ブログ
2017/09/18

10月のタイ訪問は要注意 プミポン前国王の葬儀が10月25~29日に行われます

TM_DSC08381.jpg 
2017年9月13日にサナームルアン南東方面から撮影

昨年10月に88歳で死去したプミポン前国王(ラーマ IX世)の葬儀が10月25日から29日にかけて行われます(26日に火葬)。在位70年間は現チャクリー王朝では最長です。ラーマ VIII世の時代には国王の権威は完全に失墜していましたが、プミポン前国王は国家元首として地位回復し、かつ全ての国民から慕われる偉大な国王でした。

多くのタイ国民が経験したことのない国王の葬儀です。火葬日の26日は公休日にすることが決まっていますが、葬儀の期間、そしておそらくその前後もバンコク市内、特にグランドパレス一帯は大規模な交通規制により観光客が近寄るのは難しくなると予想されます。また、飲食店などはこの期間を定休日とするところも出てくるのではないでしょうか。

TM_DSC08373.jpg 
City Pillar Shrine境内から見た建築途中の火葬場

葬儀場は王宮北側にあるサナームアンに新設されています。チュラロンコン王(ラーマ V世)以来の最大規模の葬儀場になるとのことです。9月13日に行ったときはまだ建築中でした。当日が特別な日であるとの情報はありませんでしたが、王宮からサナームルアン一帯は交通規制されており、喪服を着た数千人ものタイ人がグランドパレスとサナームルアンに集まっていました。王宮は観光客の出入りも見られましたが、葬儀場が建設されているサナームルアンには近寄ることもできませんでした。

10月はこの行事以外に下記もあります。
10月5日(木)オークパンサーで禁酒日
10月13日(金)ラーマ IX世 記念日
10月23日(月)チュラロンコン大王 記念日

国王火葬場 


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント