2011/08/09

画面のキャプチャ

スクリーンショットはあると便利な機能。マニュアル作りとかする場合は必須ですね。
昔は専用のアプリが色々とあったけれど、OS9の時代頃から(時期はさだかでない)、スクリーンショットがシステム標準装備の機能として搭載されてから、スクリーンショットアプリは注目されなくなったように思う。

とはいえ、システム標準アプリは使いづらい。必要最低限の機能しか付いてないと言った方がいい。
まぁ、使い慣れればどれも同じなのかもしれないけど。

で、今日の備忘録は、システム標準のスクリーンショットの撮り方
システム環境設定のキーボードに簡単にまとめて表示されている。
他のアプリとぶつかることも考慮して、機能をオフにしたり、他のキーにアサインし直すこともできるらしい。

Keyboad shortcut

更に便利に使うためのショートカットキーもある。
マウスをクリックして押したまま範囲選択しているときに、

Optionキーを押し続けると、選択範囲を中央から拡大
Shiftキーを押し続けると、縦あるいは横幅を固定したまま拡大
Spaceキーを押し続けると、選択範囲を移動
Shift + Spaceキーを同時に押し続けると、縦か横方向にのみ移動
Escキーを押すと、キャプチャ解除

これくらいでしょうか。
慣れると、これだけでもかなり使えるかもしれません。

サイズを指定してのスクリーンショットはできないので、決まった範囲を連続して撮影する必要がある場合は、やはり専用のキャプチャアプリを使わないと難しいです。

コメント

非公開コメント