2017/08/29

タイ入国審査が厳しくなった - スワンナプーム空港はますます混雑か

TM_0612 Bangkok_024 Airport 

年間3,000万人以上が海外から訪れるタイ。不法就労や不法滞在があとをたたないので、これまでも何度も入国審査の厳格化を行ってきました。今年から、隣国から陸路での入国は厳密に年に2回まに制限されましたし、7月には入国時に所持金が2万バーツ以上あることの提示を求められてパニックになったこともあるそうです(貧乏旅行者お断り!入国時に所持金提示を強化)。日本のパスポートを持っている者に対しては所持金云々で入国を拒否されることはないと思いますが、陸路2回までは全ての人に適用されます。長期滞在者の中には、30日ごとに隣国に出て戻ってきて、また30日滞在するのが当たり前のように知られてました。空路なら問題ないと思いますが、陸路で再入国して延長していくことはできなくなりました。

入国審査が厳格になると当然イミグレ通過に時間がかかることになります。最近は中国からの観光客が多くなったので、中国の観光シーズンだとスワンナプーム空港は大変な混雑になるそうです。イミグレで1時間以上待ちは当たりまえだったり。観光目的だと、みなさな到着後に一番便利な便を選びますからね、混み合う時間帯に当たってしまうと、イライラしながら長時間待たないといけません。スワンナプーム空港はまだましで、LCC中心の空港になったドンムアン空港はもっと酷いという話もあります。

スワンナプーム空港ができる前の頃ですが、入国審査強化のニュースが出るたびにドンムアン空港のイミグレは大混雑になっていました。日本を夕方に発つ便だとバンコク到着は23時過ぎとかになるわけで、イミグレを通るのに2時間以上かかったことがあります。丁寧に仕事をする入管審査官だと、一人あたり5分くらいかけてましたから、どの列に並ぶかも大事なポイントでしたね。イミグレで時間かかると心配だったのは荷物です。無くなってたらどうしよう・・・と思いながら。そして、ホテルに着いたのは夜中の2時過ぎ。フライトで疲れた上に待ち疲れで、ぐったり寝てしまって半日くらい損した気分になったものです。

イミグレを早く抜ける方法
プレミアムレーンというのがあります。ビジネスクラス以上で搭乗すると機内でチケットが配布されます。これ、実は買うこともできて、H.I.S.のバンコク支店などで販売しています。1,500バーツもしてちょっと躊躇しますが、ゲートからイミグレまで案内もしてくれるらしいので不慣れな人にはいいかもしれませんね。ちなみに、 Premium Airport Service で購入すると850バーツです。

20170522234017.jpg 
私は、コレもらえる便に乗ることが多いので、プレミアムレーンを抜けてますが、時間帯によっては凄く混むのでプレミアムの恩恵にあずかれないこともあります。混まない時間帯に到着する便に乗るのが一番ですね。(スワンナプーム空港の到着便時間帯の調査結果はこちら



★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント