2017/08/26

意外と簡単!Workflow アプリ / iOS を使ってみる

workflow-app-featured.jpg 

Workflow
アプリは iOS端末での操作を自動化してくれます。今年3月だったか Appleが Workflowの開発チームを買収して、それまで有料(¥700)だったものが無料になりました。このアプリ、2015年の Apple Design Awardを受賞した優れものなのです。知ったかぶって書いてますが、実は私は、“自動化アプリは便利そうだけど難しそう”というイメージから、ダウンロードしてみたものの全く使っていませんでした。

iOS 11 から 32bitアプリが動かなくなることは以前書いたとおりです。私は Photogene4 というアプリをよく使っていたのですが、このアプリも32bitのまま放置されているので使えなくなります。代わりを探しているときに、ふと思い出したのが Workflowアプリでした。iPhoneでレタッチをすることはないので、Crop, Resize, そして簡単なテキスト入力をして保存できれば十分です。これって、もしかしたら全部自動でやってくれるかなと思い、Workflow をトライしてみました。頭の硬いオヤジには無理か! と思いきや、サンプルレシピが山ほどあって、意外と簡単にできてしまいました。

ギャラリーを開くと、19種類のカテゴリーに分けられいて、それぞれに 4 〜 18種類ものレシピが用意されています。私は Photography を選択しました。

IMG_0025.jpg   IMG_0016.jpg

その中から「Crop Photo(s)」を選択して Get WorkFlow。よくわからないけど Flowを見ていって、Resizeしたいので Actionから「Resize」をズルズルッとドラッグする感覚で Flow に入れました。iPad だと左にActionリストを出して作業できるので楽です。(下図は iPhone画面)

IMG_2570.jpg   IMG_2573.jpg  

IMG_2574.jpg   IMG_2575.jpg

Resizeしたいサイズを 640 pic に書き換えて保存。これでレシピ完成です。たったこれだけ。

あとは、写真Appで変更したい写真を開いて、画面下のアイコンをクリックします。「その他」を選んで Run Workflow にチェックを入れます。そうすると、いつでも Workflow を呼び出せます。Workflow を選択して「Crop Photo」をクリック。

IMG_2580.jpg   IMG_2579.jpg

あとは、自動的に Editor が起動して Crop したり、Text を入力して「完了」をクリックすると、Resizeされた画像が保存されます。アプリから自由に開いて添付することができます。

Facebook, Instagram, Twitterなどに自動的にアップロードするレシピを組み合わせて作ることもできるようです。今日はここまで。また必要に応じて使ってみることにします。少し頭使うけど、非常に簡単なので使わないともったいないですね、無料だし。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント